分割払いをリボ払いに変えると危険です

2019.03.13 更新

無職

借入先業者名
借入額
270万円
借入期間
7年4ヶ月
毎月の返済額
9万円

クレジットカードの分割払いからリボ払いに切り替えたことで借金が増えてしまった。

社会人になってからは、家賃の支払から光熱費を含めて全て自分で支払う必要があるので、高額な買い物をする時には分割払いを利用していました。しかし、分割払いで買い物をする量が増えると支払いがキツくなるので、更に買い物をすることはなくなる筈ですが、リボ払いを利用すると支払額が一定となるので、つい買いすぎてしまうようになりました。いつまでも返済を終わらせない方法としてリボ払いが信販会社や金融業者にとってオイシイ仕組みと知らずに使ってしまったのです。最初は少額な買い物であっても、いつの間にか3枚のカードで目一杯買い物をしてしまっている状態でした。

ニコス、オリコ、ジャックスから各90万円のリボ払い残高。月々9万円の返済。

クレジットカードの支払方法の中でも、リボ払いを最初に提案してきたのはオリコでした。ニコスにも同じようにリボ払いがありましたが、元金を定額で支払うタイプでしたから、ニコスのリボ払いは金利を意識しやすいものでした。そこで、オリコのリボ払いが残高スライドリボルビング方式だったので、優先的に使ってしまい債務残高を増やしてしまう結果となったのです。派遣社員として勤務していると、契約社員化出来れば仕事が繋がりますが、場合により一時的な失業状態となる懸念がありました。実際に派遣切りに遭ったことで、返済が難しくなり債務整理を決断しなければならなくなったのです。

自己破産手続きにより免責決定が下りたので、借金が全額免除となりました。

翌月から失業状態となることが確定したので、債務整理を行なうために法テラスに予約を入れて弁護士を紹介してもらいました。リボ払いの危険性について改めて教えてもらい、なぜ借金返済が出来なくなったのか注意を受けました。分割払いのまま続けていれば、借金総額が増えずに自制が効いていたこと確信したものの、時既に遅く自己破産手続きを進めることが最適と弁護士からアドバイスを受けて依頼しました。自己破産申請を行ってから免責決定までは3ヶ月程度で終わったので、実際にはあっけないと感じたものの、毎月の返済額がゼロになったことを確認出来た時には安心しました。

家計簿を付けて生活費を管理するようになり、生活に余裕が出てきました。

自己破産手続きを申請する前に、陳述書を作成する段階になって、初めて家計簿を付けるように弁護士から言われました。毎月いくらあれば最低限生活出来るのか把握していなかったことを初めて知り、家計簿を真剣に付けてみると高い買い物や無駄遣いの多さに愕然としました。家計簿は形に残るので、3ヶ月も続けると毎月の生活コストを把握出来て、予算を組みやすくなります。生活費として必要な費用と臨時支出を分けて考えることで、無駄遣いがほとんど無くなりました。結果的に、スリムな生活スタイルに変更出来たので自己破産手続きが完了した後も、家計簿を付けて毎月分析する習慣を続けています。自己破産により、冷静な判断が出来るようになったことが最大のメリットです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理の取引履歴の開示請求とは

目次取引履歴の開示請求って?取引履歴の開示請求が必要な理由…

ビューカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

目次ビューカードの特徴ビューカードの借金を債務整理するとき…

債務整理するべき基準と知らなきゃ損する年収との関係

目次債務整理はどのタイミングでするのがベストか債務整理する…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

結果的に減額になりました。

借入額100万円

スロットに行きたくて借金をしていました

借入額220万円

債務整理を決意したらその場でカードにハサミを入れました

借入額280万円

彼氏がお金に困っているというので助けるために借金。気付いた時には自分が借金地獄にはまっていました。

借入額200万円

クレジットカードのショッピング枠が払えなくなったので、借金をしました。

借入額130万円

取引期間が長ければ一連計算を主張する必要がありました

借入額200万円