持ち家を売らずに済む方法として給与所得者等再生手続を選びました

2019.03.26 更新

会社員

借入先業者名
借入額
260万円
借入期間
5年4ヶ月
毎月の返済額
8万円

家族の入院費が嵩んで借金が増えてしまいました。

通勤時間を短くするために会社からさほど遠くない位置に家を建設したことから、住宅ローンの比率が高く毎月の返済額が10万円でした。家族の1人が白血病にかかり長期入院を強いられて骨髄移植を待つ状態でしたが、医療費の補助はあるもののカバーしきれない部分については自己負担となるので、保険で賄えない部分は信販会社と消費者金融からの借入で一時的に賄っていました。ボーナス支給ごとに清算を繰り返していましたが、景気の影響からボーナスカットが入り、残債を清算出来る割合が減少して借金額が増えてしまうことになったのです。

レイクとモビットから80万円の借金、ライフカードとシンキから50万円の借金。月々8万円の返済。

病院へ詰めている時間が比較的長いので、自宅にはほとんど眠りに帰っている程度でした。骨髄移植が完了して安定するまでの間は、3年間かかったのでいつ終わるか分からない借金生活で、精神的に辛い日々を過ごしていました。病気と戦っている本人が一番辛いので、費用の工面は最後まで行なうつもりでしたが、予想よりもドナー提供者が現れるまで時間がかかり、借金の滞納がレイクとモビットで2ヶ月遅れの状態となってしまっていました。仕方なく債務整理を決断することにして、住宅ローンだけは何とかそのまま払い続ける方法を模索しました。

個人再生手続きにより債務の圧縮に成功しました

債務整理を行なうために弁護士へ相談すると、個人再生手続きならば住宅ローンはそのまま継続して支払を続けられば持ち家を失わずに債務整理が出来ると判明しました。しかし、レイクとモビットに2ヶ月滞納があったので、小規模個人再生手続きでは個人再生計画案に債権者の消極的同意が必要ですが、レイクとモビットの残債が合計160万円と過半数を超えていたので、債権者からの反対により否決が予想されました。仕方なく給与所得者等再生手続を行なうことで債権者の同意が不要となり、個人再生計画案が承認されました。月4万円の支払を3年間続ければ良いことになったので、必死で返済を行いました。

持ち家を維持しつつ生活を再建出来て良かったです。

最終的には持ち家を任意売却して清算することまで考えていたので、給与所得者等再生手続という個人再生の中では支払額が多めの方法になりましたが、持ち家を残せたことで満足しています。収支のバランスが崩れた状態から何とか持ち直し出来たのは、家族全員の協力体制があったからと考えています。手続き期間が長引かないように弁護士のアドバイスが的確に受けられたことも幸いでした。債務整理を行なうことで、債権者に対しては迷惑をかけてしまいましたが、家族の結束が強まりこれからの人生を再スタート出来るチャンスを得られたことに感謝しています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

借金問題解決のため、夫婦で債務整理をする場合について

目次夫婦のどちらも借金がある場合の債務整理について夫婦で借…

債務整理で口座凍結?銀行カードローンで注意すべきポイント

目次任意整理をすると銀行口座が凍結されることも……任意整理の…

アルバイトでも債務整理できる?

目次「安定した(継続的な)収入」があることがポイントアルバ…

レイクの債務整理体験談

債務整理をしてから落ち着いた生活が出来る様になりました

借入額140万円

友人にお金を貸すために借金。

借入額200万円

飲酒と、酒気帯び運転の違反金

借入額400万

気軽に借りる事が出来た時代だったので気軽に借りてしまい借金地獄に。

借入額200万円

夜遊びに夢中で借金をしてしまいました

借入額150万円

スロット依存症になり借金を繰り返していました

借入額170万円