任意整理を行なえば生活再建に近づきます

2019.03.13 更新

無職

借入先業者名
借入額
155万円
借入期間
6年4ヶ月
毎月の返済額
6万円

派遣社員の時に派遣切りに遭い生活費を工面する必要があって借金。

派遣社員として働いていた時に、契約期間が残り4ヶ月という段階で突然派遣切りに一斉に遭いました。事業部の統廃合に伴い業務が終了するという話でしたが、契約社員の人に聞くと派遣切りを行なうための名称変更でした。派遣会社としても一斉に次の職場を手配する必要があり、隣の県の仕事しか用意出来ずに失業状態となったのです。片道2時間半かかる派遣先には行けないと派遣会社に連絡すると、自己都合退職扱いにされてしまい失業保険給付を3ヶ月間受けられないことになってしまい、生活するためにクレジットカードのリボ払いを使ってしまいました。

オリコ、ライフカードから各60万円のリボ払い残高。モビットから35万円の借入。月々6万円の返済。

失業保険給付の半分を借金返済に充ててしまうと、残りの失業保険給付では生活が成り立たないので、またクレジットカードのリボ払いで生活費を賄うようになってしまい、契約社員として就職先が決まるまでの間は借入総額が毎月増えて行く状態に先行きの不安を感じていました。当初は正社員としての就職に絞って活動をしていたことから、就職先が決まるまでの期間が9ヶ月かかってしまいリボ払い残高を増やす原因となってしまったことが悔やまれます。毎月の返済額が6万円に到達した段階で、債務整理を考え始めました。

任意整理で債務額を圧縮し、将来金利をゼロにして全額返済しました。

債務整理の必要性を感じて弁護士事務所に相談に行くと、ライフカードとモビットの借入については利息が低かったので将来金利をゼロとする交渉を中心に行なうことになりました。任意整理では債権者ごとに個別の交渉を行えるので、和解出来た所から返済を再開出来ました。オリコとは揉めることが想定されたので、交渉期間中に20万円貯めることを目指して準備し、債務額60万円は金利引き直し計算をすると残債が15万円と判明したので、過払い金返還請求訴訟提起と同時に残債を一括返済しました。ライフカードとモビットのみに支払いが減ったので生活再建しやすくなったわけです。

借入の金融業者ごとに性格が異なることが良く分かりました。弁護士に任せて良かったと考えています。

任意整理では、債権者ごとの交渉を行なうので、借りる時には分からなかった金融業者ごとの考え方に違いがあることが浮き彫りになりました。任意整理を行った会社との取引は、社内ブラックとなるので今後も出来ませんが、返ってよかったと思っています。任意整理の交渉を行った弁護士の話から判断すると、新規加入時とはまるで真逆の対応をしてくる信販会社があることが分かりました。クレジットカードを使う怖さを体感出来たので収支を見直して借金を全くしない生活スタイルに切り替えて行くことを最優先とする考え方に変わりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

弁護士に債務整理の依頼をする前に…知っておきたい費用や探すポイン…

目次債務整理の手続きを弁護士に依頼するメリット5つ1.最適な…

債務整理に関係のある色々な期間について理解しよう

目次「債務整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼した場合」に…

借金を任意整理したい!銀行口座は開設できなくなる?

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると銀行口座が利用でき…

ライフカードの債務整理体験談

投資に失敗して生活費が不足する事態に

借入額340万円

過払い金が手に入りました。

借入額130万円

車を失わずに済みそうです。

借入額150万円

債務整理をすることによって、金銭面の不安が解消!

借入額600万円

大昔の過払い金が戻りました。

借入額70万円

浪費が原因で多重債務になりました。

借入額190万円