民間企業では5年先のことは分からないと思ったほうが良い現実

2019.03.30 更新

会社員

借入先業者名
借入額
320万円
借入期間
6年3ヶ月
毎月の返済額
10万円

住宅ローン返済にボーナス支給半減が響き借金。

持ち家の住宅ローンを支払続けていますが、毎月の給料からの支払だけでなくボーナス払いが併用されることが一般的です。しかし、会社の行政次第でボーナスは増減するので、親会社との統合に伴いボーナスが3年間カットされた影響は衝撃的でした。ボーナス払いが半期ごとに50万円ありましたが、ボーナス支給額が20万円に減額されてしまい、毎回赤字が30万円発生する緊急事態が3年間続くことが判明しました。同僚達にも動揺が走りアルバイト許可申請を出す人が続出しましたが、一切認められることはありませんでした。

プロミス、レイク、オリコ、シンキから各80万円の借金。月々10万円の返済。

ボーナスカットは3年間と公告されていましたが、リストラによる人員カットをしない代わりにボーナスカットが6年間に延長されてしまい、借金額が増えて債務整理をしなければならない状態に追い込まれました。毎月の住宅ローン支払が8万円と借金返済が10万円の状態で、手取り給与が32万円ですから、給与額の半分以上が返済に回る異常な状態が続いたので家庭環境が崩壊寸前にまで追い込まれたのです。債務整理を行なうと家を売らなければならないと考えていたので、二の足を踏んでいましたが、実際には様々な方法があることは債務整理の相談をして初めて知ることになりました。

小規模個人再生により借金を圧縮し、返済完了しました。

債務整理の相談に弁護士を尋ねると、個人再生の手続きをすれば住宅ローンは払い続けることが出来ると判明しました。借金を続ける間に順次生活レベルを引き下げて行くことになったので、借金を始めた当初よりも毎月の生活費を減らすことが出来ていました。月4万円程度の返済ならば赤字が出ない状態になっていたのです。小規模個人再生を行なう段階では、ボーナス支給額が通常に戻ってきたので借金が増える心配は当面なくなりました。借金額を100万円に圧縮して3年間で返済する再生計画案が消極的同意を得られたことで、無事に小規模個人再生を行なうことが出来ました。

住宅を失わずに住んだことで、繰り上げ返済に向けた取り組みを行なうようになりました。

家族の関係が悪くなった原因が住宅ローンとボーナスカットでしたが、早く住宅ローンを完済してしまえば家を失う心配が無くなるので、安心するために繰り上げ返済に向けた準備を行なうことを決めました。債務整理を行っていなければ、利息を多く払う住宅ローンをそのまま支払って行くことになったと思いますが、繰り上げ返済という新たな目標が出来たわけです。節約生活を楽しみながら行なうことが出来るのは、借金返済の苦しい思いを経験したからだと考えています。債務整理をキッカケに身軽になったので、家族のためにも仕事を頑張りたいと決意しました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

ポケットカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイ…

目次ポケットカードの特徴ポケットカードの借金を債務整理する…

任意整理で借金の元金減額も可能?減額されない時の対策も紹介

目次任意整理でいくら借金が減る?その仕組みとは減額のポイン…

任意整理後に借金が払えないとどうなる?滞納した時の対処法

目次借金を滞納(延滞)すると和解内容は無効になる和解内容が…

レイクの債務整理体験談

借金を続けると感覚が麻痺してしまいます

借入額300万円

給与を競馬で使い果たした為、補てんしようと思い借金しました。

借入額250万円

年老いた両親の介護費用が生活の負担に

借入額450万円

夫が事故で働けなくなって借金で生活費を補てんしました

借入額200万円

過払い金が戻ってきました

借入額150万円

ダラダラと支払い続けていた借金を完済できた

借入額180万円