リボ払いは借金地獄の始まりでした

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
6年2ヶ月
毎月の返済額
8万円

海外旅行でクレジットカードを使いすぎて借金。

海外旅行に行く前に作ったクレジットカードは、リボ払い設定をしておけば店頭で1回払いを指定しても、自動的にリボ払いとなることがウリのカードでした。海外旅行先では、言葉の不安と多額の現金を持ち歩くことが危険と考えられていたので、リボ払いで買い物をすればゆっくり返済出来ると考えて20万円使ったわけです。しかし、翌月の請求予定を見ると21万円の文字があり、慌ててカード会社へ連絡すると海外で利用した分はリボ払いにならないと言われたのです。慌てて消費者金融に申し込むとアッサリと50万円の利用可能枠が出来たので、既に21万円のクレジットカードの支払が大した額ではないと錯覚してしまいました。

ニコスとオリコから各60万円のリボ払い残高、モビットとスタッフィから各40万円の借金。

クレジットカードと消費者金融の利用可能枠の合計が300万円となったことで、200万円の債務残高があってもまだ100万円あるという変な金銭感覚になっていました。毎月の支払額が8万円となっても重大性に気がついていなかったのです。何とか借りては返しを繰り返して行くと、突然クレジットカードと消費者金融からの借入が利用可能枠はあるものの、出来なくなったことに気付いて大慌てとなりました。改正貸金業法と割賦販売法により、総量規制が実施されたことで貸付制限に引っかかったことが原因でした。

任意整理により金利引き直し計算を行った所、借金が半額以下となり全額返済出来ました。

全てのクレジットカードと消費者金融のカードが利用停止となったことで、翌月から滞納が発生することが分かったので慌てて債務整理をするために弁護士へ相談に行きました。すると、債務調査を行なう必要があるものの、一旦全ての返済を停止するように言われて待つことにしました。払い込まれた給与を全て引き出して光熱費の支払いに充てるなど行なう必要があり、任意整理が完了するまでは手間がかかりました。債務調査の結果、オリコの借金は金利引き直し計算を行った結果、過払いが発生しており既に完済済みで10万円が帰ってくることになりました。ニコスも半額の30万円の残債となり、モビットとスタッフィも各20万円ずつの返済となった上に将来金利をゼロと出来たので2年で完済出来ました。

過払い金返還請求と金利引き直し計算を同時に出来て、金銭感覚を元に戻すことが出来ました。

クレジットカードを持つことを止めて、現金主義で生活することにしました。家計の収支を毎月確認することで、無駄遣いを排除する取り組みを行なうことになり、金銭感覚をクレジットカード作成前の状態に戻すことが出来ました。身の丈に合った生活をしていれば、貯蓄が増えて安定した暮らしが出来ると分かったのです。クレジットカードの中でもリボ払いは、いかに管理が難しく多重債務者を発生させる原因となっているか理解出来たので、友人達にもリボ払いは止めるように体験を話すようにしています。債務整理を行なうことで、狂った金銭感覚が元に戻ったことが一番のメリットです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理って怖そうだけど実際は?メリット・デメリットを解説

目次債務整理とは何か4つの債務整理債務整理のメリット債務整…

任意整理をしても携帯電話やスマホの分割購入ってできる?

目次任意整理をしても携帯電話の新規購入や機種変更は可能!現…

債務整理後はローンやキャッシングなど借り入れできない!どうして…

目次債務整理後でもお金を借りたい!審査はいつ通る?原則5年間…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

生活費をクレジットカードに頼るようになったら債務整理に着手しよう

借入額160万円

ダラダラと支払い続けていた借金を完済できた

借入額180万円

株で失敗をして借金地獄へ

借入額300万円

アイフルからの借金がすべてなくなりました

借入額130万円

周りが見えなくなっていた怖い経験

借入額320万円

通販ショッピングにはまったのが原因の借金

借入額200万円