過払い金返還請求は知らない人も多い

2019.03.26 更新

無職

借入先業者名
借入額
130万円
借入期間
9年6ヶ月
毎月の返済額
5万円

派遣社員だった時に生活費が不足して借金。

派遣社員として勤務していた時には、突然の派遣切りや部署の閉鎖により、次の職場に派遣されるまで無給の失業期間が発生していました。生活費を埋めるためにクレジットカードや消費者金融からお金を工面する機会があり、リーマンショック直後は借金で何とか生活をしのいでいた状態でした。契約社員として勤務出来るようになってからは、生活が安定しましたが返済に追われる生活が続いたので、3年程度は生活が苦しかったことを覚えています。資格試験を突破することで昇給を勝ち取り、安定した生活に戻るまで5年かかりました。

オリコとセゾンカードで各50万円、アルコシステムから30万円の借金。月々5万円の返済。

セゾンカードは分割払いで支払が定額でしたが、オリコは元利定額リボルビング方式を採用していたので、最小支払額を払っていたのではいつまでも返済が終わらないことが目に見えていました。随時返済の方法が不便だったので、アルコシステムからの借入を増やしてオリコのリボ払い残高を随時返済によりゼロに持って行くことが優先事項になりました。結果として毎月の返済額は増えましたが、返済期間の短縮には成功したわけです。契約社員への転職が成功すると、給与のうち最低限必要な費用以外は全て返済に充てる生活が続いたので、苦しい日々でした。

過払い金返還請求で合計73万円が戻ってきました。

契約社員に転職してから3年で完済しました。しかし、テレビCMでグレーゾーン金利による過払い金返還請求の話が出ていたものの、自分には関係ないと思っていましたが、同僚が過払い金返還請求出来たという体験を聞いて、調べてみることにしました。債務整理を專門に行っている弁護士に当時の契約書類一式を預けて債務調査を行ってもらうと、5年以内に過払い金返還請求をすればお金が戻ってくるという話でした。完済から10年以内に過払い金返還請求をしなければ請求権が無くなるので既に完済から5年経過していたので急いで依頼しました。結果として利子が付いて過払い金が戻ってきたので、弁護士報酬を差し引いて73万円が手元に戻りました。

過払い金返還請求によりお金が戻ってきたので生活にゆとりが出来ました。

過払い金返還請求は、自分には関係ないと思われがちですが、貸金業法改正前からの借入がある場合には、過払い金返還請求出来ることが多いことを知りました。請求期限が限られているので、もっとテレビCMで啓蒙しなければ気づかない人も多いでしょう。急がなければならない理由として、金融業者の体力が過払い金返還請求によりなくなっているので、倒産前に請求しないと減額されてしまう可能性があるからです。苦労して返済したお金が戻ってくるわけですから、予期せぬ貯蓄と考えてすぐにでも過払い金返還請求を行って良かったと考えています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理でアイフルの借金を減らしたい時の要確認ポイント

目次アイフルの借金を任意整理する際の4つのメリット。将来利息…

債務整理の費用は分割払いできる?

目次債務整理をする場合、裁判所や専門家への費用がかかる!裁…

債務整理は結婚に影響しない!結婚したらローンは組めるのか?

目次結婚前の債務整理には任意整理がおすすめ【結婚生活に影響…

その他の債務整理体験談

過払い金返還請求するには理由があります

借入額180万円

家の修理代で借りました。

借入額400万円

判決を取る勢いで過払い金返還請求は行いたい

借入額240万円

開放感はお財布に適用したら駄目です

借入額200万円

闇金融に終われる日々から普段の生活を取り戻せました

借入額270万円

不妊治療で借金をしてしまいました

借入額100万円