やっと普通の生活に戻ることができました

2019.02.06 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
190万
借入期間
8年7か月
毎月の返済額
5万5千円

自分の親の借金の肩代わりや生活費の負担のために貯金だけでは足りなくなり自分が借金をすることに。

私の父の経営している店が経営困難になり、父に多額の借金が発覚し、問屋や銀行から取り立てが来るようになりました。仕方なく自分の家の貯金を貸して返済にあてましたが、他にも車のローンや父が借りていたカードローン、金融公庫のローンなども後から出てきました。両親ともわずかな年金しかもらってなく、残ったローンに生活費まで自分が負担するはめになってしまい、主人の給料だけではまかないきれない状態になりました。親の借金が発覚するまではずっと専業主婦でした。主人の給料は40万ほどでボーナスもあるため生活には困っていませんでした。しかし親の生活費で月8万以上負担しなくてはいかず、自分もパートにでましたが父が病気なども重なり、お金が足りず自分のカードでキャッシングをしてしのぐようになったのが借金の始まりです。

ポケットカード80万、セディナ80万、VISAカード30万の借金。月々5万5千の返済

滞納はありませんが返しては借りるの自転車操業状態でした。返済して戻った枠をまた借りるという状態がずっと続いていました。利息だけを返済しているだけなので、元金は全然へらずいつまで経って生活は良くならず、返済に追われる毎日でした。途中総量規制が始まり限度額が減らされ借りることも出来ない状態になりました。ボーナスもすべて返済にまわりなかなか貯金をすることも出来ず、パートもかけもちでがんばりましたが立て直すことは無理でした。主人に内緒で借金をしていたため余計辛く、最後は主人にもばれ任意整理を決心しました。

債務整理をしたら過払い金が発生し、借金半分ほどになり、月々の返済も楽になり普通の生活に戻れました。

任意整理をした結果、過払い金がかなり戻りました。190万あった借金が120万程になり、毎月の返済額も5万5千円から2万5千円程になりました。利息を払わなくて良くなり、分割交渉もスムーズに進み返済期間も36回払い以上にすることも出来ました。一社だけは数回ボーナス時に数万円を加算して支払うように交渉をすすめることも出来ました。司法書士の先生を訪れた時には返済額ももっと多くなるはずでしたが、過払い金に助けられました。任意整理をお願いしてから返済が始まるまで半年以上かかり、その間は返済もストップしていたので生活を立て直すことが出来ました。

任意整理をするにはとても勇気が必要でしたが、確実に借金が減っていき普通の生活を取り戻せました。

債務整理を決断する前は、借金を減らす余裕はなく、毎月の返済をするだけで精一杯の状態でした。その日暮らししか考えられず、将来を見据えた計画をたてる余裕はありませんでした。債務整理をすることで、借金は確実に無くなるので先を考えられるようになりました。債務整理でも任意整理は家族に内緒で手続きすることも可能です。任意整理を手続きすると取り立ての電話も止まり、半年以上返済もストップ出来ます。精神的にもとても楽になれます。着手金なども分割払いに出来るなど思っていた以上にメリットは大きいものでした。カードを持てなくなったりローンを組めなくなるなどデメリットもありますが、一生のことではありません。今の正直な気持ちはもっと早く債務整理を考えれば良かったと思っています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

楽天カードを任意整理すると審査はどうなる?

目次楽天カードの借入を任意整理するメリット3~5年で無理なく…

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に断られるケース

目次弁護士・司法書士に任意整理の手続きを断られる3つの理由【…

債務整理を依頼するなら司法書士・弁護士どっち?費用や手続きの違い

目次債務整理にかかる費用は弁護士よりも司法書士の方が安い司…

三井住友銀行の債務整理体験談

自営業をしていた当時の運転資金確保のために借金をしました。

借入額6000万円

過払い金請求とおまとめで生活を見直すきっかけに

借入額150万円

風俗にはまり支払った代償

借入額280万円

商工ローンの債務保証で個人再生をしました/49歳会社員

借入額1500万円

財産分与を行なう際には気を付けたい

借入額360万円

姉の借金を肩代わりすることになり借金まみれに

借入額360万円