アパートを追い出されそうになりました

2019.03.26 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
280万円
借入期間
5年4ヶ月
毎月の返済額
8万円

派遣切りに遭い生活費を工面するためにクレジットカードを利用して借金地獄に。

派遣切りに遭う可能性があるから派遣社員では働かない方が良いと言われていましたが、他に就職先が無くて仕方なく働いていました。しかし、実際に自分が派遣切りに遭うとは思わなかったので、驚いて暫くは思考停止状態になってしまいました。派遣元から次の派遣先を紹介されたものの、車が無いと通えない距離だったので就業できずに、失業となりましたが自己都合退職扱いにされてしまいました。失業保険給付が受けられるのは4ヶ月先となってしまうので、既存のクレジットカードと消費者金融からの借入で賄うことで借金が増えてしまったのです。

ライフカード、ニコスから各90万円の残債。モビットとレイクから各50万円の借金。月々8万円の返済。

派遣先への派遣期間が3年になると、直接雇用の契約社員へ切り替えるように国の施策ではなっていますが、現状は人を入れ替えるかクーリング期間を設けてその間は無職とするかを繰り返しています。失業を3年サイクルで経験するならばまだ良い方で、実際には1年に満たない状態で派遣切りに遭いクレジットカードの返済に困って消費者金融の借金が増えてゆく状態になりました。常に返済のことが頭によぎり、熟睡出来ない日々が続いて精神的に追い詰められました。何とか返済遅延を起こさないようにすることだけが生活の中心となってしまったのです。

自己破産申請で免責決定を受けられたので、借金返済が免除されました。

債務整理を行なうために弁護士事務所へ相談に行くと、債務調査から行なうことになりました。全ての債権者へ受任通知を発送して、債務額を確定させる必要がありました。既に年収と同じ金額を借りていたので、自己破産しか選択肢が無い状態にあったのです。家計簿を付けて破産免責決定が下りた後の生活再建がスムーズに行くように準備しつつ、陳述書の作成を行なうことで生活習慣の改善も同時に行なうことになりました。自己破産申し立てから3ヶ月ほどで破産免責決定が下りて、無事に借金返済が免除されることになりました。

自己破産により返済が免除されたので、夜もぐっすり眠れるようになりました。

収入と支出のバランスが崩れていたことが確かでした。家計簿を付けるように弁護士から言われた時にも、最初の2ヶ月はどう記入して良いかすら分かりませんでした。収支を見直すと節約しているつもりでも、無駄遣いと考えられるお金の使い道が見つかったので、家計の全面的な刷新を行なうキッカケになりました。自己破産申請後も家計簿を付けて支出管理を徹底しているので、免責決定を受けた後には貯蓄が少しずつ出来るように生活スタイルの変更が出来ました。より安定して収入を得られるように契約社員化を狙って行きたいと考えています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

銀行のローンも債務整理で返済を減らすことができる!?

目次銀行のローンも「借金」と同じ仕組みです。銀行ローン以外…

債務整理の無料電話相談をする前に!電話の流れと準備すべきことを…

目次債務整理の電話相談はどこに?24時間受付無料の相談先は? …

債務整理を依頼するなら司法書士・弁護士どっち?費用や手続きの違い

目次債務整理にかかる費用は弁護士よりも司法書士の方が安い司…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

車を手放せずに債務整理が遅れました

借入額400万円

普段使いのカードにも過払い金がありました

借入額160万円

今利用しているカードが利用停止となる可能性があります

借入額140万円

ダラダラと支払い続けていた借金を完済できた

借入額180万円

電話の着信音の恐怖が無くなりました

借入額300万円

友人の借金を肩代わりして多重債務者に。

借入額350万円