借りて返した段階で既に債務整理予備軍です

2019.03.12 更新

借入先業者名
借入額
170万円
借入期間
6年2ヶ月
毎月の返済額
5万円

海外赴任ではカード詐欺に遭う危険性が高く借金を背負うことに。

海外赴任に向かう際には、クレジットカードが必須でした。今までスキミング被害には気を付けていましたが、1年の赴任から戻るとリボ払い残高が100万円を超えていることに気が付きました。カード会社へ連絡すると、既に犯罪被害に遭った場合の保険が適用される期限を過ぎているので補償が受けられないと言われたのです。仕方なく消費者金融からの借入で返済して、クレジットカードは解約して新しいクレジットカードに乗り換えました。自分で管理しやすいカードにしたつもりが、かえって借金を増やす結果となったのです。

ニコスとセゾンカードで各60万円、レイクから50万円の借金。月々5万円の返済。

クレジットカード2枚が引き落とし日に違いがあるので、副業である程度カバーしてきました。しかし、消費者金融からの借入でクレジットカードの返済を賄うようになった段階で多重債務者となったことに気がつくべきでした。借入可能枠自体が自分の貯蓄と勘違いしていた感があったので、全ての利用可能枠が一杯になった時に返済不能に陥る恐怖に震えることになったのです。段階的に生活レベルを落として行けばストレスは少ないですが、一気に極貧生活となってしまったので気力が落ちてしまったことを感じました。

任意整理で金利引き直し計算を実施して借金を圧縮し、全額返済を行いました。

利用可能枠が一杯になってきたので、債務整理の相談に弁護士事務所を訪問すると、金利が高いので金利引き直し計算をすれば借金が圧縮出来ることを知らされました。ニコスとセゾンカードは各35万円、レイクは30万円に減額出来そうだったので、任意整理を行なう条件として将来利息をゼロとすることにしました。6ヶ月ほどで和解が成立したので、毎月3万円の返済で3年ほどで完済出来ました。月5万円から3万円への減額ですから少ないように見えますが、完済出来ることが重要でした。先が見えることで目標が出来たのです。

毎月3万円の返済に集中することで、完済後の貯蓄に弾みが付きました。

債務整理を早く着手したので、個人再生や自己破産に至ることなく債務整理を行なえました。任意整理では個別に交渉を行えるので、和解が成立した会社から返済を開始出来る点が良かったです。全ての和解が成立する前の段階から弁護士へ毎月3万円の返済金を送金し続けていたので、月収から3万円控除して生活するよう家計バランスを改善出来ていました。結果として、毎月の積み立て貯蓄を現在でも習慣として行い続けています。任意整理をキッカケとして、今まで節約していたつもりになっていたことが、実際は浪費だったことを思い知ったので、家計簿を第三者にチェックしてもらうことがいかに重要か知りました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

「友達に話す感覚で相談してほしい」天音総合法律事務所 正木絢生弁…

目次弁護士になったキッカケは両親弁護士になってからの変化と…

債務整理後はローンやキャッシングなど借り入れできない!どうして…

目次債務整理後でもお金を借りたい!審査はいつ通る?原則5年間…

オリコの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる?

目次オリコなどのクレジットカードも任意整理できるクレジット…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

結婚を意識した時に任意整理のつもりが過払い金返還請求に切り替わりました

借入額200万円

車を手放せずに債務整理が遅れました

借入額400万円

債務整理で10年程続いた借金生活に終止符を打てました

借入額150万円

人間関係が濃い会社には注意すべきでした

借入額360万円

引っ越し費用が足りなくて借金をしたのがきっかけです。

借入額140万円

クレジットカードの継続審査で引っかかりました

借入額210万円