思っていたより少なくなりました。

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
80万円
借入期間
10年以上
毎月の返済額
5万円

飲み会や外出先で現金が足りないときにちょこちょこ借りました。

特に大きい買い物に使ったということはありませんが、若いときからサラ金のカードを持っており、飲み代が必要になった時、給料日前で生活費が足りないときなどに自分のお金のような感覚で引き出していました。最初は月数千円程度の返済だったので全く問題ありませんでしたが、徐々に返済額が増えてきて、気が付いたときには全く支払えなくなっていました。結局、他の業者から借金をして返済をする状況を繰り返し、債務整理の相談に行ったころにはどこの業者に申し込んでも借金ができないという状態でした。

セディナ、オリエント信販、プロミスから計80万円の借金、毎月5万円返しています。

セディナから10万円、オリエント信販から20万円、プロミスから50万円借りており、毎月借りては返す支払いを続けていました。最近では借金ができなくなり、親に援助してもらいながら支払いをしている状況です。田舎にある実家に帰るように催促をされていますが、都会での生活が忘れられず、どうにかこのまま独り暮らしをしたいと考えて、解決策を求めて弁護士の事務所まで相談に行きました。職場には借金をしていることはばれていませんが、時々家に来る彼女には郵便物からばれてしまい、距離を置かれています。

借金が少なくなり、毎月の支払いも減りました。

履歴が長いので過払いもありうるといわれましたが、借りていた金額が少なかったこと、最近になってまとまった借金が多かったことなどから、結局過払いにはならなかったです。しかし、80万円あると思われていた借金はおよそ半分の40万円まで減額され、少額しか借りていなかったセディナ、オリエント信販の2社は一括で返すことができて良かったです。プロミスに対しては、毎月5000円ずつ支払えばよいという和解になり、今までの負担を考えると非常に楽になりました。弁護士への報酬も毎月1万円の分割ですので、3万5000円近く自由に使えるお金が増えています。

家計を見直すきっかけになりました。

今までは借金というものをそれほど深刻に考えていませんでしたが、取引履歴や今まで払った利息の金額を見て、長く取引をするとすぐに利息だけで100万円近い額になるということを知りました。弁護士にも勧められ、今は家計簿をつけて生活費のムダがどこにあるのかを確認している途中です。きちんと気を付けて管理していると、収入の範囲内でも満足度の高い生活ができており、これからは貯金をしていこうという目標もできました。しばらく離れていた彼女にも連絡を取り、やりくりができるようになったらやり直そうと話しています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理を依頼するなら司法書士・弁護士どっち?費用や手続きの違い

目次債務整理にかかる費用は弁護士よりも司法書士の方が安い司…

借金の任意整理を専門家に依頼したい!費用はどれくらい?

目次借金の「任意整理」、専門家へ相談するのを躊躇させる費用…

任意整理すると住宅ローンは組めなくなる?

目次任意整理後に住宅ローンは組めなくなる任意整理すると住宅…

プロミスの債務整理体験談

簡単なことに何故か気付けずに債務整理に至ることがあります

借入額200万円

債務整理で過払い金が戻ってきました

借入額210万円

パチスロ中毒になってしまって多重債務者になりました

借入額200万円

家族に内緒で作った借金でした

借入額100万円

その頃は安定した収入がありましたが、収入の範囲内で生活をすることが出来ず、お金にとてもルーズな暮らしでした。

借入額480万円

給与を競馬で使い果たした為、補てんしようと思い借金しました。

借入額250万円