金利を確認した時に20%を超えていたら任意整理をしましょう

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
240万円
借入期間
7年5ヶ月
毎月の返済額
9万円

派遣会社切りに遭い失業保険給付で生活出来ずに借金。

クレジットカードを3枚持っていたので、当面の生活費をクレジットカードから決済していました。カードから自由にお金が使えると勘違いして、利用可能枠がそのまま自分のお金のような錯覚を覚えていました。3枚のクレジットカードの利用可能枠が増えたことで安心していましたが、毎月の返済額が増えて行くことに気付いた時には既に遅かったのです。返済に困り消費者金融へ手を出すか悩んだ末に、住み込みの工場勤務を行なうことを決めて返済に徹することにしました。賃貸物件を引き払い、派遣会社の寮に入って返済のことだけ考えるように切り替えたのです。

ジャックス、エポスカード、ライフカードから各80万円の借金。月々9万円の返済。

返済に徹するために派遣会社の寮に入り、指定された工場勤務をひたすら行いました。自動車工場だったので、仕事を終えて帰宅するとグッタリした状態になるので、他に何も考えずにただ仕事に打ち込むことが出来ました。実際に返済を行った時に、20万円貯まるごとに随時返済を申請して払い込んでいました。結果として3年で240万円を完済したので、もう1年頑張って地元に戻り自営業を始めることにしました。借金の返済という目標があったからこそ、今までの甘い考えを捨てることが出来ました。二度と借金をしないためにも、無借金経営で自営業を行なうことにしています。

過払い金返還請求により、過払い金が80万円戻ってきました。

借金の完済を終えて自営業を始めていると、仕事で知り合った人の中に過払い金返還請求をした人がいました。当時の分割払いとリボ払いの金利が24%程度だったので、過払い金返還請求出来ることを知り、債務整理に強い弁護士へ依頼することにしたのです。全取引履歴を取り寄せて金利引き直し計算を行った結果として、弁護士へ支払う成功報酬を除いても80万円が手元に戻る計算でした。弁護士に任せておくだけで済むので、普段の仕事をこなしているだけで過払い金返還請求訴訟を提起して判決により過払い金が全額支払われることになりました。

自営業者にとって自己資金が大切となるので、苦労して返済したお金が戻ってくることはありがたいことです。

収入と支出のバランスが崩れたことで、借金の残高が増えてしまったことが明らかでした。そこで、家計簿を思い出しながら付けてみると、家賃の割合が高いことが判明したのです。工場勤務の中には派遣会社側で寮を用意している所ならば、住居費が大幅に削れるので借金返済に回せるお金が多いことが分かりました。完済後に過払い金返還請求を行った理由も、借金返済時から考え方が合理的になったので、取り戻せるものは全て申請するつもりでした。貯蓄を行なうことで、大きな仕事を受けることが出来ます。過払い金返還請求で得たお金で更に多くの仕事を請けるために有効活用して行きたいと考えています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

オリコの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次オリコなどのクレジットカードも任意整理できるクレジット…

プロミスの借入を債務整理すると、信用情報に傷がつく

目次プロミスの過払い金請求は可能なのか債務整理をしたことが…

債務整理でブラックリスト入り…デビットカードは利用可能?

目次債務整理後でもデビットカードは発行・利用できるデビット…

ライフカードの債務整理体験談

ストレスから買い物依存症になり借金が膨らみました。

借入額200万円

個人で過払い金の返還請求はナメられる

借入額210万円

アパートを追い出されそうになりました

借入額280万円

急いで過払い金返還請求を行った方が良い

借入額180万円

借金の理由は会社が経営不振で収入が減ったためでした

借入額200万円

借金がおよそ半分になりました。

借入額200万円