生活費をクレジットカードに頼るようになったら債務整理に着手しよう

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
160万円
借入期間
7年8ヶ月
毎月の返済額
6万円

病気で休職した日数が響いて生活費が不足して借金を始めました。

持病の喘息が悪化して、短期入院をしたために休職扱いとなったものの、復帰後には生活費が不足する事態が発生してしまいました。クレジットカードのショッピング枠を利用して乗り切ったものの、リボ払いに頼る額が毎月増えて行くことが実感としてありました。ショッピング枠を使い切ると、キャッシング枠を使うようになり、最終的に毎月の返済額が増える悪循環が生まれました。現金で決済していれば、金利による利息が発生することはありません。クレジットカードの分割払いやリボ払いで生活を始めなければならなくなった段階で債務整理を検討すべきでした。

ニコス、オリコから各80万円の借金。月々6万円の返済。

体調と相談しながら勤務を続けている状態だったので、出勤日数により給与額が決まる契約社員では、毎月の給与額が不安定となります。クレジットカードのショッピング枠で決済出来る物はクレジットカードで買い物をし、現金でしか購入出来ない物はクレジットカードのキャッシング枠を使って買い物を行なうようになった段階で、すぐに債務整理を行なうべきでした。毎月の給与を受け取った後で、家賃と返済額を支払った後に残ったお金で生活が成り立たなければ、多重債務者の仲間入りをしている状態だからです。既にクレジットカードが止まったら生活が破綻する状態でした。

任意整理を行なうことで借金が減額されて返済しやすくなりました。

返済に困っていたので、司法書士事務所に相談してみると、全取引履歴を開示請求してから任意整理を行なう流れを説明されました。利用開始した時期が貸金業法と割賦販売法の改正前だったので、ある程度金利引き直し計算で減額出来る可能性があったからです。将来利息をカットする交渉を同時に行なうことで、返済しやすい環境を整えることが出来ました。160万円の借金が89万円に減額となったので、毎月3万円の返済で2年半程度で完済出来ました。今までの半分の支払になったことで、毎月発生していた赤字分が無くなって返済に結びつきやすくなったのです。

家計を見直すことで、返済と貯蓄を同時に行えるようになりました。

任意整理を行った結果として、毎月3万円ずつ返済を続けて行くことになりましたが、余裕が出てくると5万円用意出来るようになりました。司法書士に繰り上げ返済を打診してみると、意外な返答が得られて更に驚きました。繰り上げ返済を考えずに余力が出た分は、貯蓄に回すことが大切という話だったのです。任意整理を行なうと、個人信用情報機関へ登録されるので、新たな借入を行いにくい時期が発生します。貯蓄を作っておくことで再度苦境に陥る可能性を減らせることが出来るので、任意整理後には貯蓄を意識して行なうことが大切と分かりました。任意整理を行なうことで、無駄遣いが目で見える形の家計簿作成が得意になったことは言うまでもありません。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

総量規制の対象になったら債務整理を検討するべき?

目次総量規制の基本総量規制の条件総量規制のおまとめローンへ…

債務整理は生命保険に影響しない?変わらず契約するために必要なこと

目次債務整理をすると生命保険は強制的に解約になる?生命保険…

債務整理費用を安く済ませるコツとは

目次費用が最も安いのは自分で行う債務整理自分で行う債務整理…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

貸金業法改正により自己破産を選びました

借入額320万円

驚くほどあっけない債務整理の手続きについて

借入額200万円

貸金業法の改正でとんでもないことになりました

借入額340万円

病気休業は独り暮らしの盲点でした

借入額350万円

ダラダラと支払い続けていた借金を完済できた

借入額180万円

保証債務を負担するために行った借金が重くのしかかりました

借入額250万円