何としても持ち家は手放したくなかった

2019.03.25 更新

会社員

借入先業者名
借入額
300万円
借入期間
4年1ヶ月
毎月の返済額
8万円

友人の保証人となったことで突然借金を背負うことになりました。

大学時代からの友人で、会社の同僚が独立開業することになりました。株式の引受と共に300万円の借金について保証人となっていたのですが、突然会社が倒産して保証債務を追うことになりました。住宅ローンを抱えていたので、家を手放したくなかったので何とかしてお金を用意するために銀行カードローンで借入を行いましたが、毎月の返済は楽なものではありませんでした。会社の賞与が業績の影響で突然カットされたことで、返済計画が大きく狂ってしまったのです。債務整理をまさか検討する日が来るとは思ってもいませんでした。

オリックス銀行、バンクイックから各150万円の借入。月々8万円の返済。

住宅ローンの返済が毎月10万円ある上に、銀行カードローンが8万円乗ってきたので毎月の返済が合計で18万円に到達しました。手取り35万円でしたが、住宅ローンにはボーナス払いがあったので、会社の業績不振が原因とはいえ賞与カットには厳しい現実を突きつけられました。何とか滞納せずにいたものの、住宅ローンを延滞してしまうと持ち家を失う危険があったので、何とか食らいついて行こうと毎日が必死の状態です。家族名義で内職の仕事を入れて帰宅してからも黙々と作業を続けて何とかしのいでいましたが、いつ身体を壊してもおかしくない状況でした。

小規模個人再生により借金が100万円に圧縮されて何とか完済しました。

身体の疲れが抜けない状態となったので、債務整理を決意して弁護士事務所を訪れると、持ち家を処分せずに行える夢のような債務整理方法を提案されました。小規模個人再生手続きを行なえば、住宅ローン以外の借金を1/5に圧縮して3年で返済することにより、完済が目指せるものでした。家を売らずに済むという点に魅力を感じてすぐに依頼しましたが、3年間はあっという間に感じました。毎月8万円の返済が3万円に減額されて3年間で終わるわけですから魅力的に違いありません。少し余裕が出てきたので同時に貯蓄を行なうことも出来ました。

毎月一定額の返済を続けていることで、生活費の無駄遣いが無くなりました。

今まで家計簿を付けても見直すことは無かったのですが、必要な項目が抜けていることに気が付きました。毎月の収支を安定させるだけでなく、季節要因を考慮した生活費の配分があることを発見して、生活レベルをある程度に保ちながら収支のバランスを保つように心掛けました。家計簿は単に書いて終わりではなく、分析ツールとしての役割が大きいことに債務整理を行って初めて気がついたのです。完済後も生活リズムを変えずに今まで返済していたお金を貯蓄に振り分けることで、毎年家族旅行に行けるようになりました。お金を旅行に使う時にも全額使用せず、半額残しておくことが出来るようになったのです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理や過払い金請求で官報に掲載される?

目次任意整理や過払い金請求したい!気になる官報って一体何?…

債務整理費用を安く済ませるコツとは

目次費用が最も安いのは自分で行う債務整理自分で行う債務整理…

2回目の債務整理(任意整理)は可能!1回目と異なる注意点

目次2回目の債務整理は可能。しかしデメリットを受ける可能性も…

バンクイックの債務整理体験談

友達の借金を肩代わり!予想以上に多く借金地獄へ

借入額30万円

買い物依存症に陥った体験談

借入額120万円

過払い金請求とおまとめで生活を見直すきっかけに

借入額150万円

借金を借金で返していたら返せないほど借金が増えました

借入額230万円

依頼してすぐに請求が止まりました。

借入額100万円

投資に失敗して生活費が不足する事態に

借入額340万円