小規模個人再生手続きは債務額が大きいほど効果があります

2019.02.06 更新

自営業

借入先業者名
借入額
670万円
借入期間
6年3ヶ月
毎月の返済額
15万円

脱サラして自営業を行っていたものの風評被害で借金を抱えることに。

卸問屋の会社で勤務していましたが、扱っている商品の中で惚れ込んだ逸品があったので、自宅兼店舗住宅で自営業を始めることにしました。住宅ローンとして低利で借りられましたが、大地震に伴い地域で産出される商品が風評被害で売れずに運転資金も生活資金も不足する状態になりました。ある程度はクレジットカードと消費者金融で借りていましたが、仕入れと売上のバランスが崩れていたのでどうにもならない状態に陥っていたのです。それでも店舗兼住宅だったので、住宅ローンだけは滞納せずに頑張って支払い続けていました。

三井住友銀行、みずほ銀行から各200万円の借金。アイフル、アコム、レイクからも各90万円の借金。

大地震以降は暫く休業状態が続いたので、返済のみが溜まって行く状態でした。以前と同じ売価で販売出来ないことから、割引販売すると利益が僅かとなってしまいます。風評被害に対する補償が自治体経由で行われたのは、18ヶ月後のことでした。それまでひたすら消費者金融を頼りに耐える生活が続き、商売替えや廃業も検討しましたが、廃業はそのまま自宅を手放すことに繋がるので決断出来ませんでした。債務整理を行なえば必ず財産が全て処分されると考えていたことが原因です。債務整理について何も知らないと勘違いしてしまい、借金苦に陥っていました。

小規模個人再生により借金が1/5に圧縮されて何とか返済出来ました。

いよいよ債務整理しか手段が無くなり、弁護士に相談に行くと小規模個人再生を勧められました。住宅ローンはそのまま返済を続けて、残りの債務を1/5に圧縮して3年間で支払を完了させる手続きです。670万円の借金が134万円に圧縮されるので毎月4万円弱の返済を3年間行なえば良いことになります。期間が短く返済額も圧縮出来る上に、自宅を任意売却せずに済むことから飛びつきました。15万円の返済が4万円に圧縮出来たことは、生活を再建する上で驚きの変化となりました。日々返済に奔走しなくて済むことがありがたかったです。

小規模個人再生なら自宅を失わずに済んで満足しています。

債務整理といえば、財産を全て処分するイメージを持っていたので、住宅ローンはそのまま支払い続ければ良いとされる小規模個人再生は、夢のような債務整理方法でした。毎月の返済額が1/3以下となったことで、生活にゆとりが生まれたのです。支出を削減する試みを毎日行っていますが、何より債務総額と金利の削減を行なうことで、完済への道筋が立てやすくなりました。借金に頼らない新生活を送るためにも、債務整理は早く行なうことでダメージを減らすことが出来ると実感しました。早く債務整理に着手することが借金問題解決の近道です。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

アコムの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次利息をカットも|アコムの借金を任意整理するメリットまと…

ギャンブルの借金をなくすために債務整理する際の注意

目次債務整理の注意点とは?借金の原因が「ギャンブル」の場合…

任意整理と起業の関係 借金の支払いを軽くするには

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると、法律上起業できな…

三井住友銀行の債務整理体験談

海外旅行で病気になり現地の病院に行ったら多額の治療費を請求され借金をすることに。

借入額85万円

個人再生で先祖代々の土地を守れました。

借入額300万円

クレジットカードの使いすぎで多重債務者に。

借入額350万円

身内のとんでもないツケ/40歳会社経営者

借入額300万円

株の信用取引で失敗して多くの借金を抱え、返済が困難な状況に。

借入額200万円

クレジットカードのキャッシングから借金は多重債務者に

借入額210万円