債権譲渡通知書が会社に届くと恥ずかしい思いをします

2019.03.13 更新

借入先業者名
借入額
1300万円
借入期間
0年3ヶ月
毎月の返済額
300万円

兄弟の連帯保証人となっていて300万円の債務を負いました。

兄が起業する際に、自営業者として運転資金を銀行から借りるために保証人が必要でした。既に両親が他界していたので、私がなる必要があったのです。5年経過した時に、納品先が突然倒産して事業が立ち行かなくなり債務保証を行なうことになってしまいました。連帯保証人としての立場では、債権者からの取り立てに応じるしかありませんが、まだ認識が甘かったようでのらりくらりと対応していました。連帯保証人がどのようなものか、認識が不十分なままでは引き受けるべきでは無かったと後悔することになるとは思わなかったのです。

みずほ銀行から300万円の連帯保証人債務。

3ヶ月間連帯保証人債務を無視していた結果として、勤務先の会社に対して債権譲渡通知書が届いてしまいました。給与の差押を行なう書類ですが、今まで受け取ったことが無かったので会社の経理から呼び出されて状況の説明をすることになり、恥をかきました。実際にどうすれば良いのか対応方法が分からず、弁護士に相談するまで何も出来ませんでしたが、債務整理に踏み切らなければならないという危機感だけは感じ取りました。一括で300万円支払う手段など持ち合わせていなかったので、解決方法が全く見当も付きませんでした。

自己破産により免責決定が下りたので、連帯保証債務が無くなりました。

会社に債権譲渡通知書が届いた段階で給与が差押されることが分かりました。債務整理をすぐに行なう必要に迫られたことを知り、弁護士へ相談に行くと自己破産を勧められました。自己破産のイメージは会社をクビになると勝手に思っていましたが、実際は会社には無関係で転職する必要もなく、弁護士に任せてしまえば手続きは半年程度で終わるものでした。財産は自己破産をすると無くなりますが、そもそも財産があれば連帯保証債務を支払えていたので、もっと早く行っていれば会社にも知られずに恥ずかしい思いをすることも無かったと悔やまれます。

自己破産を行なうことで借金の返済義務が無くなり、生活が安定しました。

連帯保証債務を引き受けるべきでは無いと昔から言われていましたが、兄弟の間柄ではやむを得ないことと考えています。資産があった場合には別の手続きとなる可能性がありますが、自己破産手続きを行なう際には陳述書を作成するために家計の見直しも同時に行なうので、無駄遣いを防ぐ意味合いがあったのです。陳述書を作成する段階で、サラリーマンの懐事情をさらけ出すようで気恥ずかしいものがありましたが、支出の無駄を発見出来たことは収穫でした。貯蓄を行って行くためにも家計簿は続けて行きたいと考えています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

車ローンを債務整理対象にするとどうなる?完済後の審査は?

目次車のローンを債務整理の対象にすると、愛車はどうなる?債…

債務整理はいくらからできる?借金の返済額などの基準

目次任意整理をするための条件に、借金の額の大きさは関係がな…

任意整理をした後でも「VISAカード」を使う方法と注意点

目次VISAの借金を任意整理するための条件任意整理後に「VISAカ…

みずほ銀行の債務整理体験談

事業に失敗し多額の借金が!個人再生で一気に復活!

借入額300万円

事業に失敗し莫大な借金を抱えました。

借入額300万円

離婚した後で高額な養育費の支払いを埋めるために借金。

借入額430万円

病気療養から明けて復職したら解雇されました/38歳会社員

借入額200万円

個人で始めた輸入業が大失敗!借金地獄に。

借入額500万円

弁護士事務所に相談して良かったです。

借入額120万円