任意整理には交渉力が必要!完済できました

2019.03.26 更新

借入先業者名
借入額
300万円
借入期間
5年9ヶ月
毎月の返済額
13万円

交際費用が不足してクレジットカードに頼りすぎました。

当時交際していた相手とのデート費用やプレゼント代金が予想以上に高額となっていましたが、クレジットカード決済をしていたので気付くのが遅れました。3枚のクレジットカードのうち2枚が時々使えなくなっていることに気がついて利用残残高を確認して初めて事態に気が付いた状況だったのです。結局お金の切れ目が縁の切れ目で別れてしまいましたが、残ったクレジットカード残高の返済に苦しむことになりました。月収は28万円に対して支払額が月13万円に達していたからです。クレジットカードは手元の現金が減らないので使いすぎてしまうとようやく気が付きましたが既に遅かったわけです。

エポスカード、セゾンカード、オリコから各100万円のリボ払いと分割払い残高。月々13万円の返済。

月収が28万円の状態で返済が13万円となると、手元に残るお金が毎月15万円ですが、家賃を支払うと生活費として不足することは明らかでした。クレジットカードが止まったことで、生活費決済を行なうことが出来ずにアルバイトを会社に内緒で行なう必要に迫られていました。土日休みの会社では無かったので、シフトの合間をぬってスポットバイトを入れる程度しか出来ずに金利分程度しか稼げないことに気付くまで更に半年かかりました。会社バレのリスクを抱えながら効果が薄いスポットバイトを続けることに意味を感じなかったので、債務整理を決意することになったのです。

任意整理で借金額が半分に減り、完済出来ました。

債務整理の相談に弁護士事務所へ行くと、契約書類と期間や利用目的を考慮して自己破産は候補から外れました。小規模個人再生と任意整理の2種類が挙げられましたが、金利が20%を超えていたので金利引き直し計算を行った上で将来利息をカットして60回分割払いを狙うことにしたのです。エポスカードとセゾンカートとはすぐに和解交渉がまとまりましたが、オリコは応じようとせず拒否する姿勢でした。弁護士に小規模個人再生へ切り替える用意があることを臭わせてオリコに圧力を掛けることで何とか和解成立となりましたが、9ヶ月かかりました。借金総額が半分の150万円に圧縮されて毎月の支払が2万4千円を60回払いで返済することになったのです。

任意整理により生活に余裕が出来て貯蓄も行えるようになりました。

任意整理が和解成立したことで、返済額が13万円から2万5千円に減額されたことで、5年という長い返済期間ですが毎月の家計収支は黒字が続くようになったので、返済額と同じ額を積み立てていました。無理に返済額を増やすよりも、当面借入が出来ない状態となるので、貯蓄を増やすことで安心を得る方向にすると良いと弁護士から言われていたのです。毎月付けている家計簿の項目数を増やして、生活費が増えすぎないように調整しています。支出に対して冷静に判断出来るようになったのは、債務整理を行った結果としてお金の大切さを知ることが出来たからです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理すると家族に迷惑をかける?家族への影響と注意点について…

目次どの債務整理を選ぶかで家族への影響は異なる任意整理が家…

任意整理後の賃貸契約で注意すべき点

目次任意整理してブラックリストに載っても賃貸契約を結ぶこと…

債務整理を依頼するなら司法書士・弁護士どっち?費用や手続きの違い

目次債務整理にかかる費用は弁護士よりも司法書士の方が安い司…

セゾンカードの債務整理体験談

借金生活を整理して、意向は全うな生活を送るように意識が変わりました。

借入額450万円

離婚の時に生活費を得るために借金をしました

借入額100万円

多重借り入れで困っていたがしっかりと返済の目処が立った

借入額150万円

競馬がきっかけで借金モードに突入しました。

借入額220万円

私が借金を始めたきっかけは風俗でした。貯金も使い果たし、挙げ句、借金をすることになったのです。

借入額200万円

妹の借金返済を手伝って自分も借金地獄に陥りました

借入額350万円