借金でどうしようもなくなったら債務整理をお勧めします

2019.03.30 更新

借入先業者名
借入額
220万円
借入期間
4年3カ月
毎月の返済額
6万円

ギャンブルをきっかけに借り入れを始め、借金地獄の波に乗りました。

当時の月の収入は手取りで22万ほどでした。独身でパチンコやスロット、競馬、オートレースなどいろいろな博打にハマっており、中でも競馬と麻雀はどっぷり浸かるほどやってました。当然、月の収入だけでは賄いきれなくなり、業者に借り入れすほどになってしまいました。気づいたら複数の業者から借りてしまっており、借金は膨れ上がり、首が廻らない状態になっていました。返しても利息分で消えてしまっており、元本がなかなか減ることはありませんでした。そんな状態ではギャンブルどころか私生活も苦しくなり、生きていく気力も失いかけていました。

複数の業者から借入をし、総額220万円の借金で私生活が困難になりました。

複数の業者から借り入れていたため、月々の支払いが多く、返していく生活がやっとでした。当時は実家暮らしでしたが、親にばれるのではないかとビクビクしていました。家に入れるお金と車のローンを合わせてしまうと、手取りの給料から差し引くと数万円しか残らず、普通の生活は出来ませんでした。今までギャンブルで大盤振る舞いをしていたのに嘘みたいに逆転生活を送るはめになってしまいました。返済を続けていても各利息が高く、元本が減って行く様子がありませんでした。また、どうしてもお金が必要な時は更にキャッシングをしてしまって、借金が増額するときもあったほどです。

過払い金があって月々の返済額も減り、借金地獄から抜け出せました。

弁護士に相談したところ、任意整理を行いました。調査し続けて行くと過払い金があったことが判明しました。債権者と交渉を行ってもらい、返金を受け取ることも出来ました。支払額は月々6万円から3万円になり、返済も楽になりました。ここまで減るとは思っていなかったので、相談して良かったと思っています。過払い金の返金は総額で95万円あり、差し引くと125万円が返済していく金額となり、それを5年間に分割して返済することになりました。今では無事に返済を終えることが出来たので、元の私生活を送ることが出来ています。

生活に余裕が出来たことで普通の生活が出来るようになりました。

高額な借金地獄を体験し、やっとの思いで完済したことによりギャンブルを断ち切ることができました。もう二度とあのような生活をしたくはありませんし、お金を大切にしていくという堅い意思ができました。あの時、債務整理をしてなく、返済をし続けていたらまだ完済は出来ていないでしょうし、借金が増えていると思います。そう思うと怖くて身震いしてしまいます。最近ではCMで良く見ますが、このときの事を思い返してしまいます。会社や家族にもばれずに済んだので、債務整理を行ってよかったと思っています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理はいくらからできる?借金の返済額などの基準

目次任意整理をするための条件に、借金の額の大きさは関係がな…

任意整理と自己破産どちらを選ぶべき?メリット・デメリットを徹底…

目次任意整理・自己破産の違い自己破産は任意整理に比べてデメ…

債務整理する際に借金をした理由は関係がある?

目次債務整理には代表的な方法として「任意整理」「個人再生」…

三井住友銀行の債務整理体験談

財産分与で揉めて慰謝料を支払う羽目に

借入額390万円

事業の失敗をリセットしました。

借入額約2000万円

つらかった返済が終わりました。

借入額110万円

ギャンブルにのめり込み過ぎて債務整理

借入額120万円

友人に勧められたビジネスで借金。成功せずに高額借金で返済困難に。

借入額160万円

自分のギャンブルや酒の浪費のために借金をするように

借入額180万円