任意整理は相手のペースに巻き込まれない弁護士に依頼する

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
6年4ヶ月
毎月の返済額
8万円

派遣社員として働いていた時に派遣切りに遭い生活費が不足して借金。

現在の仕事に就く迄は、派遣社員として様々な職場を移動していました。契約期間が途中で打ち切られる派遣切りに遭った時には次の職場へ派遣されるまで数ヶ月間待機を命じられることも珍しくありません。登録制の派遣会社では給与保証が無いので、クレジットカードや消費者金融からの借入で生活を迫られていました。気がつくと利用可能枠が底をつきそうになっており、返済が出来なくなる不安で夜ぐっすり眠れない日々が続いていたのです。契約社員となって返済可能となるまでには自己破産も考えましたが、安定した収入がなければ借入が出来なくなるので不安から踏み切れずにいました。

ニコス、セゾンカード、プロミス、フクホーから各50万円の借金。月々8万円の返済。

派遣会社から紹介される次の派遣先は、通勤や社内規則などを細かく確認した上で就業しなければ、再度派遣切りに遭う確率が高まることが経験から分かりました。慎重に選んで就業することで、契約期間満了まで働ける会社を中心に選んでいましたが、外的要因により突発的な部署閉鎖までは予測出来ません。毎月の給料で全ての費用を賄えれば良いのですが、失業を繰り返すことで残債が増えてしまい、就業中の給与から元金返済に回せる額がそもそも枯渇している状況となっていました。次に派遣契約が切れたら終わりという状況まで追い込まれていたのです。

任意整理で借金を圧縮して完済に結びつけました。

債務整理の方法として複数あることは知っていましたが、借金額が極端に多いわけではなく自己破産や個人再生手続きを行なうリスクが高く感じました。弁護士へ相談に行くと、任意整理で借金を圧縮する方法を伝えられました。3人の弁護士に相談しましたが、自己破産も辞さない覚悟で任意整理をすれば交渉しやすいという言葉をかけてもらえた弁護士に任意整理を任せることにしました。金利が高かったフクホーの借金は、金利引き直し計算をすると既に完済済みと認められたので、まず50万円圧縮に成功しましたが、他のクレジットカードについては圧縮額は各社15万円程度で最終的に残った借金が96万円でした。毎月3万円の返済を行なうことで3年間で完済に至ったわけです。

交渉上手な弁護士に依頼出来て完済に至りました。

家計の状況を改善するために、弁護士へ受任通知を出してもらい任意整理交渉をしている間に契約社員として就職出来ました。家計の見直しを行なう際に収入を安定させた上で、支出を見直すことにしました。家計簿を今まで付けたことが無かったので、弁護士事務所の事務員さんに教えてもらいましたが、毎月比較すると傾向が見えてくることに気がついたのです。従来は給与明細とにらめっこするだけでしたが、3ヶ月単位で貯蓄にいくら回せるか考える冷静な判断が行えるようになったので、金銭感覚が債務整理を経験することで変わったと感じています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理するべき基準と知らなきゃ損する年収との関係

目次債務整理はどのタイミングでするのがベストか債務整理する…

債務整理でブラックリストに載ることによる生活への影響と対処法

目次債務整理をするとブラックリストに載るそもそもブラックリ…

銀行のローンも債務整理で返済を減らすことができる!?

目次銀行のローンも「借金」と同じ仕組みです。銀行ローン以外…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

妻に内緒のもうひとつの家庭

借入額400万円

債務整理で10年程続いた借金生活に終止符を打てました

借入額150万円

アパートを追い出されそうになりました

借入額280万円

クレジットカードにハサミを入れたことを思い出しました

借入額180万円

分割払いをリボ払いに変えると危険です

借入額270万円

借金問題には、一度専門家の先生に相談するのが良いです。

借入額324万円