任意整理の分割回数は交渉に決まることに驚きました

2019.03.13 更新

無職

借入先業者名
借入額
240万円
借入期間
8年1ヶ月
毎月の返済額
8万円

派遣社員だった頃に仕事が不安定で生活費を補うために借金。

フリーターから派遣会社を経由して契約社員となりましたが、派遣先として現在の会社にいたものの定期的に派遣契約を終了させてクーリング期間を設けなければならない規定により、3ヶ月間の失業期間を経験しました。生活費としてクレジットカードと消費者金融からの借入で乗り切り、派遣の仕事が再開されたらまた始動する形となったのです。しかし、失業期間には時間が余っていることから遊興費が嵩んでしまい、派遣契約では借金が返せないほどの金額に膨らんでいました。リボ払いが元利定額残高スライドリボルビング方式だったので、返済額がグンと上がるまで状況に気が付きませんでした。

オリコ、ライフカード、モビットから各80万円の借金。月々8万円の返済。

3社の合計支払額が今までは6万円だったものが、元利定額残高スライドリボルビング方式のために1段階上がり、返済額が8万円に跳ね上がった時に焦りました。一気に2万円返済額がタイミングで上がったので、翌月以降の支払が遅延する可能性が出てきたからです。一度上がった返済額は、元金を減らさない限りは下がらないのでお先真っ暗な状況になりました。毎月の収入から逆算すると、7万円が支払限界と考えていたからです。とりあえずスポットバイトを入れて差額の1万円を捻出しましたが、毎月のこととなると厳しい現実が頭をよぎりました。

任意整理で返済額を圧縮しつつ分割払いで全額返済出来ました。

債務整理を行なうために、無料の法律相談を利用して弁護士に相談すると、オリコとライフカードの金利が高いので金利引き直し計算を行った上で任意整理を行なうことが解決への近道という話でした。説得力があったので、任意整理を依頼しましたが、債務調査を行った結果として法律に則った債務額は合計で120万円に圧縮されることが分かりました。毎月の返済可能額上限が7万円という話をすると、4万円を3年間払うか返済額を減らして5年にするか決めるよう言われました。任意整理で和解する際には、3年または5年の分割払いにすることが一般的と初めて知ったのです。

任意整理の返済中に貯蓄を勧められました。借金が圧縮されて貯蓄も出来て良かったです。

弁護士から任意整理のデメリットとして、完済後5年間は新たな借入が難しいという話をされました。そこで、任意整理により和解する際には返済額は少なめにして将来金利をカットし、毎月の生活で余ったお金は貯蓄することを勧められたのです。借入が当面出来ないからこそ、いざという時の備えを返済額を減らしてでも貯蓄に回せるようにすることが大切と教えられたのです。弁護士の仕事の中には、任意整理後の生活が困らないよう細かいケアまで行っている人もいることに感心しました。完済時には100万円ほどの貯蓄も出来て良かったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理を円満に進めるための弁護士や司法書士の選び方

目次債務整理の1つ。任意整理の特徴は?借金の取り立てが止まる…

株やFXで巨額の借金ができたが債務整理は可能なのか?

目次株やFX取引が原因による借金も債務整理が可能なのか?自己…

債務整理するべき基準と知らなきゃ損する年収との関係

目次債務整理はどのタイミングでするのがベストか債務整理する…

ライフカードの債務整理体験談

人間関係が濃い会社には注意すべきでした

借入額360万円

個人再生で1000万円の借金が300万円に減額

借入額7社から約1000万円

思い切って弁護士事務所に相談したことで借金苦から解放されました

借入額350万円

時間差で過払い金返還請求はしても良い

借入額360万円

妻に内緒のもうひとつの家庭

借入額400万円

見栄を張りすぎて自己破産することに

借入額440万円