債務整理を決意したらその場でカードにハサミを入れました

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
280万円
借入期間
8年2ヶ月
毎月の返済額
9万円

クレジットカードを多用したことで金銭感覚が麻痺して借金を増やしてしまいました。

クレジットカードの支払い方法には、1回払い以外にも分割払いがあることは知っていました。しかし、ある日カード会社からリボ払い機能が追加されたことを知りました。いくら使用しても支払は定額で繰り返し利用可能という触れ込みだったので、派遣社員という毎月の給与にバラつきが出やすい職業で働いている人にとっては魅力的でした。2枚のクレジットカードはリボ払い方式が異なっていたので、使い分けていましたが徐々に毎月の返済額が増えて、ついに払いきれずになり消費者金融からお金を借りて返済するようになってしまったのです。

ニコスとオリコから各100万円、プロミスから80万円の借金。月々9万円の返済。

ニコスの返済方法は、元金定額方式のリボ払いだったので、毎月の返済額は日数による金利が端数となりバラつきがありました。一方でオリコは残高スライドリボルビング方式だったので、利用残高に応じて最低返済額が決まる方式なため、特に元金が減りにくく返済期間が長くなる方式でした。利用可能枠が徐々に増えて行き、2枚のクレジットカードの利用可能枠が100万円に到達した時には、自分のお金が増えたような錯覚に陥っていたのです。毎月の支払額が増えるとともに手元の現金が常時不足してクレジットカード利用が増えてしまいました。消費者金融から借りて返済している時点で多重債務者として債務整理に踏み切るべきだったのです。

自己破産手続きにより免責決定を受けて無事借金が免除されました。

全ての利用可能枠を使い切る前に、全てのカードが止まったことで債務整理を專門とする弁護士事務所を訪れて債務整理の相談をしました。既に借入額が年収を超えていたので、自己破産により生活を再生させることが必要という結論になったので、その場で依頼をしました。陳述書を作成するために、毎月家計簿を作成する必要がありました。自己破産により免責決定を受けた後には、最大10年間借金が出来なくなるので、借入に頼らない生活を身につけておく必要があったのです。全ての返済をストップして自己破産手続きに進むと同時に、生活スタイルの変更も行なうことになりました。半年後に自己破産の免責決定を受けたことで、全ての債務は免除されました。

自己破産により免責決定を受けたことで、新たな生活をスタートさせることが出来るようになりました。

自己破産手続きを行なう際には、現状を見つめ直して金銭感覚と家計を正常に戻す作業が必要となります。弁護士に依頼することで、家計簿を付けただけでなく、支出についてもアドバイスを受けることが出来ました。今までコンビニエンスストアで購入していた弁当を、自炊に切り替えるたけで月2万円は変わってくることも初めて知った状態です。買い物に出かける数が減少したことも大きな変化でした。債務整理を行なう際には、単に借金を減らすだけでなく生活スタイルを改善して新生活に生かすことがそもそもの目的だという点を忘れずに生きて行きたいと考えています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

リボ払いを債務整理するメリットとクレジットカード返済のコツ

目次リボ払いを債務整理するときのメリット任意整理するとクレ…

法テラスなら安く債務整理できる?利用方法や注意点を解説

目次法テラスとは?法テラスの「民事法律扶助」とは?民事法律…

債務整理に関係のある色々な期間について理解しよう

目次「債務整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼した場合」に…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

アイフルからの借金がすべてなくなりました

借入額130万円

クレジットカードの使いすぎで多重債務者に。

借入額350万円

クレジットカードのショッピング枠が払えなくなったので、借金をしました。

借入額130万円

決断をした自己破産の道

借入額90万円

人間関係が濃い会社には注意すべきでした

借入額360万円

総量規制により自己破産を選びました

借入額360万円