自己破産を選ぶと車も処分されます

2019.02.06 更新

無職

借入先業者名
借入額
400万円
借入期間
6年11ヶ月
毎月の返済額
14万円

通勤時間を節約するために身の丈に合わないマンションに住んでしまい借金。

派遣社員として勤務している際の月収は24万円程度にも関わらず、家賃8万円の物件に住んでいました。賃貸の審査はギリギリ通過するものの、派遣社員の仕事は未来永劫あるとは限らず、突然の派遣切りも珍しくありません。デバッグの仕事を行なう派遣先の仕事が開発中止に伴い即終了して、失業期間が訪れました。アルバイトで食べ繋げるほど甘い状況ではなく、クレジットカードのリボ払いと消費者金融からの借入で生活費を捻出していたことから、気がつくと250万円の借金を抱えていたのです。転居することから始めるしかありませんでした。

オリコ100万円、セゾンカード90万円、アイフル60万円の借金。車のローンがセディナ150万円。

通勤に車を使用していましたが、債務整理を行なうと車も手放さなければならないので、躊躇している間に借金が雪だるま式に膨れ上がりました。派遣会社の不安定な収入の年収を遥かに上回る借金額から、個人再生手続きも考慮されましたが、オリコとセディナが両方含まれていることから個人再生案に対する消極的同意が得られる可能性が低いと判断されました。もっと早く債務整理を始めるか、オリコとセディナ以外の信販会社を使っていれば自己破産に至らずに済むわけですが、もはや手がありませんでした。諦めて自己破産手続きを行なうことになったのです。

自己破産を行なうことで全てを処分して新生活を始められました。

債務整理を弁護士に相談して行なう際に、自己破産しかないことが判明したので、クレジットカードで購入した商品のうち残っている物を全て信販会社に送付して、車も信販会社に引き上げられました。転居を行なうことで、家賃を5万円に圧縮して全ての支出を一から見直すことにしました。自己破産申請を行った後で、車などがあったので破産管財人が付いて20万円以上の資産を処分することになりました。破産免責決定までに9ヶ月かかりましたが、無事に免責決定が下りたので安心して生活が出来るようになりました。

借金が自己破産により無くなったことで、新たな人生を始めることが出来ました。

自己破産手続きを行なう際に、弁護士から破産免責を受けるためには車などの資産があるために、破産管財人事件となることが伝えられていました。1年かけて収入と支出のバランスを整えて行くことになりましたが、現金が99万円を超えた分は没収されてしまうので、節約しすぎないように気を付けながらの生活となりました。転居費用を貯めて引っ越しすることも毎月の支出削減を行なうために有効な方法だったので、派遣先を変えずに転居出来る範囲で探しました。結果として、家計簿を付ける習慣が付き、無駄な支出が排除出来たので今では貯蓄を毎月行える状況にまで改善しています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

ギャンブルの借金をなくすために債務整理する際の注意

目次債務整理の注意点とは?借金の原因が「ギャンブル」の場合…

学生の債務整理カンタン解説 返せない借金の相談先は?

目次任意整理とは?大学生でも手続きすることはできるの?奨学…

保証人がある借金を任意整理した時、保証人に与える影響は?

目次保証人付きの借金。任意整理をしたら、返済義務が保証人へ…

セディナの債務整理体験談

債務手続きを実体験しました

借入額200万円

甘かった自分の判断に反省/32歳フリーランス

借入額240万円

最期まで払っていけそうです。

借入額100万円

借金の負担が軽くなりました

借入額210万円

失ったものも得たものもあります。

借入額70万円

生活費が足りなかったので。

借入額100万円