借金問題を解決したくて法テラスで3回無料相談

2019.03.13 更新

借入先業者名
借入額
300万円
借入期間
4年2ヶ月
毎月の返済額
8万円

離婚の慰謝料を支払うために借金。

結婚後3年経過しても子供が出来ず、双方不妊治療を行なうために病院を訪れると配偶者に子供が出来ないことが判明しました。何としても子供が欲しかったので協議離婚をすることになりましたが、離婚には慰謝料と当面の生活費として500万円必要でした。200万円は貯蓄があったので、残り300万円を借金で賄うことにしたわけです。最初は順調に返済出来ていましたが、病気で働けない時期があり返済に困って借りては返しを繰り返した結果、借金額が元の300万円に戻ってしまったのです。再婚を目指すためにも、債務整理をする必要がありました。

プロミス、レイク、みずほ銀行から各100万円の借金。月々8万円の返済。

1社から無担保ローンで借りることが出来なかったので、3社から100万円ずつ借金をして元配偶者への支払を完了させました。しかし、返済途中で会社を休職することになり、病気の治療が完了するまではせっかく200万円まで減らした借金を借りては返しを繰り返して何とか生活する必要があったのです。復職後に待っていたのは、また最初から返済を行なう状況でした。このままでは、再婚して子供を設けることも出来ないので債務整理を行って人生を再出発するしか無いと考えるに至ったのです。毎月8万円に増えていた借金を何とかすることが先決でした。

自己破産により免責決定を受けられたので、全額免除になりました。

債務整理を決意したものの、何も分からなかったので法テラスの無料相談を利用して弁護士に話を聞いてもらいました。3回まで別の弁護士に30分間の無料相談を受けてもらえるので、相談をしてみると自己破産を全員から勧められました。最も印象が良かった弁護士へ自己破産申請の依頼を行なうことにしたのです。実際に手続きを介しする際には、家計簿と陳述書の作成が必要となりましたが、目ぼしい財産が何も無かったので必要書類はすぐに揃いました。自己破産手続きを依頼してから破産免責決定が出るまで半年程度で完了しました。

毎月の返済が無くなって、人生を再出発出来ました。

元々200万円の貯蓄は自分で独身時代に貯めたものでしたから、家計簿を付けて家計の収支を安定させることで、更に貯蓄額を順調に増やすことが出来ました。自己破産を行なうことで、過去の結婚していた時期を全面的に清算出来たので、新しい人生を再出発出来て良かったです。当面借入を行なうことは出来ませんが、借金を過去にしたことが無かったので、二度としたくないと考えるようになりました。金利が1%でも高いと毎月継続して返済を続けて行くことが出来るのは、余程安定している職業でなければ難しいことも身をもって経験したので、借金とは無縁の生活を維持して行きたいと考えています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

銀行のローンも債務整理で返済を減らすことができる!?

目次銀行のローンも「借金」と同じ仕組みです。銀行ローン以外…

任意整理で月々の返済額はどのくらい減る?

目次任意整理とは?メリットは主に2つ!任意整理によって月々の…

任意整理で信用情報機関に登録された人のための「トリセツ」

目次任意整理の手続きをしたらブラックリストに載る信用情報の…

レイクの債務整理体験談

ダラダラと支払い続けていた借金を完済できた

借入額180万円

自分も理解した上でやるべき債務整理

借入額180万円

ギャンブルによる借金から立ち直れました

借入額360万円

一切損がない過払い金請求

借入額250万円

借金問題は専門家による過払い金請求

借入額120万

膨れ上がった借金に困っているなら相談しよう

借入額230万円