もっと早く相談しておけば良かったと後悔

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
300万円
借入期間
7年2ヶ月
毎月の返済額
9万円

営業成績が悪く自腹購入をしていたら借金だらけになっていました。

家電量販店へ勤務していて、契約社員という立場では目標金額に到達しないと次回更新が無く契約打ち切りという状態になります。もう少しで達成出来る時には、自腹購入を迫られていたのでショッピングローンを組んでいるうちに支払が厳しくなりました。契約更新と支払いを天秤にかけて毎回悩んできましたが、ついに体調を崩して休職することになったので、支払えない状態となることが明白になったのです。新たに借金をして支払いに充てることを半年も繰り返していると、借入総額が一気に増えてしまいました。これ以上借入が出来ない状態となった時にようやく重い腰を上げることになったのです。

セディナから140万円、UCカードから90万円借入。レイクから70万円借入。月々9万円の返済。

家電量販店の勤務に疲れて蓄積疲労から体調を崩してしまいました。休職期間中には、収入が入らないので新たな借入を行って凌ぐしかありませんでしたが、着実に生活費として使えるお金が減って行くことが目に見えていました。休職期間中に転職を試みて、新たに契約社員として働ける場所で正社員登用制度がある仕事を見つけて、転職と共に債務整理を行なうことにしたわけです。一人暮らしだったので、転職先に出勤する前に債務整理の相談を終えておく必要がありました。必要書類の準備などは、役所への届け出がある程度必要となってしまうからです。

自己破産手続きにより、借金が全額免責されました。

債務整理を行なうために法テラスで無料相談を受けることにしました。30分の無料相談で弁護士と最大3回話せることから、自己破産が適当な手続きだと理解できました。最も話しやすかった弁護士に依頼して、陳述書の作成や家計簿を記入するなどの準備を行って3ヶ月後に自己破産申請を行って、更に4ヶ月後に破産免責決定を得られました。毎月の返済額が受任通知を弁護士が債権者に出した段階から、一旦返済を止めることが出来たので生活を立て直すことが出来ました。自己破産の免責決定により、新たな生活を行なうチャンスを得られたのです。

自己破産により免責決定を受けられたので、過去を清算して新生活を始められました。

休職と転職を境に自己破産手続きに進むことになりましたが、もっと早く法テラスなどの公的機関経由で相談していれば、別の手段として個人再生手続きなども行なえたと残念に思っています。債務整理を行なう際には、転職先で安定した生活が送れるように支払いを止めて生活を立て直す期間があったことが助かりました。人生をやり直すチャンスを得られたので、毎月3万円の積み立てを継続して行ける家計の収支状況を維持して行きたいと考えています。今まで家計簿を付けたことが無かったので、自己破産を契機に付け方を覚えられて良かったと考えています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理するべき基準と知らなきゃ損する年収との関係

目次債務整理はどのタイミングでするのがベストか債務整理する…

エポスカードの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次エポスカードなどのクレジットカードも任意整理できるクレ…

任意整理をした後でも「VISAカード」を使う方法と注意点

目次VISAの借金を任意整理するための条件任意整理後に「VISAカ…

レイクの債務整理体験談

過払金請求で借金を完済

借入額60万円

遊びすぎたツケを払っていました

借入額160万円

金銭感覚の狂いがきっかけで借金地獄に陥りましたが任意整理で救われました

借入額300万円

自己破産の不安が解消されました。

借入額220万円

変なプライドから周りの人に見栄を張るために大量の借金をしてしまい、辛い借金が始まってしまいました。

借入額400万円

スロット依存症になり借金を繰り返していました

借入額170万円