過払い金で借金相殺!生活再建ができました

2019.03.26 更新

借入先業者名
借入額
140万円
借入期間
12年くらい
毎月の返済額
8万円

学生時代に遊ぶお金を借りていたのが膨らみました。

今はどうかわかりませんが、私が大学生のころには学生でも比較的簡単にキャッシングが利用できたのです。当時の私は友達や恋人と飲み歩いたり旅行するのが大好きで、仕送りやバイト代で足りない分をどんどん借りていました。社会人になってから、親が世間体が悪いからと一度完済してくれたところ、逆に優良な債務者だと認識されたみたいで、さらに高額の借金ができるようになりました。面倒な手続きや審査を受ける必要がないため、家電や家具の購入、研修、旅行など入用のときに毎回借り入れをしたところ、いつの間にか高額の借金になっていたという経緯です。

アイフル、アコム、モビット、プロミスから140万円借りて、毎月8万円返していました。

アイフル、アコムから各30万円、モビットから20万円、プロミスから60万円借りて、これ以上は借金ができないので毎月親に手助けしてもらいながら返済していました。しかし、親からは年金暮らしでこれ以上支払いができないから、あとは自分で何とかしろと言われてしまい、自分の給料では毎月5万円程度が精いっぱいであるため、弁護士に相談することにした次第です。運の良いことに無料の法律相談を常時行っている法律事務所が職場の近くにあったので、そちらに申し込んで借金についての相談を受けました。

臨時の副収入が入るとは思いませんでした。

以前完済した分も含めて履歴を計算できると弁護士に言われ、履歴の取り寄せや引き直し計算などを依頼しました。計算をしたところ、今まで140万円あると思い込んでいた借金は、実はすでに完済しており、120万円ほどの払い過ぎになっているといわれて驚きました。それぞれの業者に交渉してもらい、中には裁判にまで持ち込んでほぼ9割以上の取戻しができています。そこから弁護士報酬を引いても80万円くらいの臨時収入になったため、この受け取ったお金は今までお世話になった両親に全額渡そうと思っています。

両親との仲も良くなり、家計に注意するようになりました。

借金のことで一番迷惑をかけた両親のところには、すぐに報告に行きました。まだ過払い金を実際に受け取ってはいませんが、臨時で入ってくるお金は全額渡すつもりであることは伝えています。自分で弁護士を探して手続きを依頼したこと、過払いを黙って自分のものにせずにきちんと報告したことなどを認められ、両親の態度も軟化しました。また、自分自身のだらしない経済観念に危機感を覚えるきっかけになったため、弁護士に支持されたとおりに家計簿を作成し、無駄な出費をできるだけ減らすよう努力しています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理は生命保険に影響しない?変わらず契約するために必要なこと

目次債務整理をすると生命保険は強制的に解約になる?生命保険…

総量規制の対象になったら債務整理を検討するべき?

目次総量規制の基本総量規制の条件総量規制のおまとめローンへ…

任意整理と起業の関係 借金の支払いを軽くするには

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると、法律上起業できな…

モビットの債務整理体験談

人生観が変わりました

借入額160万円

自分が経営してい雑貨屋の売上が落ちて資金が足らなくて借金をしました

借入額280万円

パチンコやパチスロにはまって多重債務になりました。

借入額210万円

過払い金請求は借金に困っている人の心強い味方

借入額220万円

任意整理の結果、200万円もの高利負債を無利息の80万円に減らすことが出来ました

借入額200万円

母の自宅介護で働ける時間が限られていました。そのため生活費を借金で賄うしかなかったのです。

借入額400万円