意外と減額できました。

2019.03.13 更新

会社員

借入先業者名
借入額
240万円
借入期間
7年2か月
毎月の返済額
10万円

ギャンブルのために借金をしました。

一人暮らしをしていても趣味が何もなかったので、暇つぶしにパチンコに行くのが日課でした。最初は時間つぶしのためでしたが、何度か大きく勝てたことで止められなくなり、負けが続いていてもサラ金で借金をしては通う毎日が続きました。結局、この借金は利用限度額の上限に行くまで増える一方だったものの、やがてこれ以上どこからも借り入れができない状況になり、毎月返済に追われる日々になりました。借金を返すと毎日の生活にもお金が足りないということが増え、ギャンブルを続けることは不可能でした。

CFJ、モビット、プロミス、アコム、アイフルから計240万円借りて、毎月10万円払っています。

CFJ、モビットからそれぞれ30万円、プロミス、アコム、アイフルから70万円ずつ借りており、支払いが少しでも遅れると連絡が来ます。電話に出るのが怖くなり、職場や友人からの連絡にも返事が遅れるようになりました。また、自分だけで支払いができず、同棲している彼女に生活の面倒を見てもらったり、親に一部返済を手助けしてもらうなど周囲に迷惑をかけており、この状態が続くと近い将来に誰からも見放されるだろうという危惧も抱いていました。そこで、借金を何とかするために弁護士のところに相談に行ったのが債務整理の始まりです。

大幅に減額でき、毎月の支払いが減りました。

普通は長く借りていると過払いが出ることも多いらしいですが、私の借り方では多少の減額はできても、ほとんど金額は減りませんでした。ギャンブルが原因なので破産も利用できず、弁護士と相談した結果、個人再生手続きを申し立ててもらうことにしました。申し立てには数か月を要しましたが、手続きを裁判所に認められた結果、200万円を超える借金は100万円を5年かけて返済すればよいという結果になっています。毎月の支払いも、弁護士報酬を合わせて月3万円を切るくらいですので、今までよりもはるかに楽です。

周囲のありがたさを感じました。

借金が少なくなって返済のめどが立ってから実感できたのが、今までに自分を支えてくれた家族や彼女の存在です。弁護士にも言われましたが、今までの返済は周囲の助けがなければとても払えませんでした。今はまだ借金中の身なので恩返しもできませんが、これからはきちんと家計をチェックして、収入の範囲内で生活しながら貯金もしていこうと考えています。毎月の支払いが減ったといっても、急な出費に備えておく必要がありますので、ある程度金額が貯まったら、親や彼女にも食事やプレゼントで恩返ししたいです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理や過払い金請求で官報に掲載される?

目次任意整理や過払い金請求したい!気になる官報って一体何?…

法テラスなら安く債務整理できる?利用方法や注意点を解説

目次法テラスとは?法テラスの「民事法律扶助」とは?民事法律…

任意整理で信用情報機関に登録された人のための「トリセツ」

目次任意整理の手続きをしたらブラックリストに載る信用情報の…

モビットの債務整理体験談

友人の口車に乗せられ、借金が雪だるまのようになりました。

借入額650万円

先輩に誘われたギャンブルに嵌ってしまった為、借金。

借入額300万円

金利が高いと雪だるま式を実感出来るものです

借入額160万円

失ったものも得たものもあります。

借入額70万円

お金持ちの生活にあこがれて、欲しいものを何でも買った。

借入額350万円

突然身に降りかかってきた借金は、一人で抱え込むよりも専門家に相談した方が安心だとわかりました

借入額450万円