ギャンブルによる借金から立ち直れました

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
360万円
借入期間
7年4ヶ月
毎月の返済額
12万円

大学時代から少しずつハマっていたギャンブルで借金。

大学時代からスロットにハマっていたものの、対してお金を持っていなかったので実害は少なかったわけです。しかし、就職して仕事にも慣れてくると、4号機の快感が忘れられずにスロット通いを再開してしまいました。社会人となってからは、消費者金融からの借入も出来るようになったので、負けている時には借金をしてでもギャンブルにのめり込んでしまいました。利用可能枠が一杯まで使うと、次のカードを作ってしまい気がついた時には4枚のカードでお金を借りていました。仕事にも支障が出てくるようになっていたので、病的にのめり込んでしまったと考えられました。

プロミス、アコム、レイク、シンキから各90万円の借金。月々12万円の返済。

正社員として働いていた時には、毎月12万円の返済があってもボーナス時にまとめて返済をしていたので、何とか返済額が8万円程度に落とすことが出来ました。しかし、事情により会社を辞めることになった時には、アルバイトではとても返済できる金額ではなく生活が成り立たなくなってきていたのです。スロットを打つだけの資金があるわけもなく、転職先を見つけて正社員就職をする必要がありました。それでも何とか生活を切り詰めていたものの、自転車操業は長くは続かずに翌月から滞納するしかない状態にまで追い込まれました。

小規模個人再生により借金が圧縮されて、返済完了出来ました。

債務整理を行なう必要に迫られて、法テラス経由で弁護士を紹介してもらうと、小規模個人再生を勧められました。ギャンブルが借金理由では自己破産を行なえないので、小規模個人再生により借金を圧縮して3年で返済して行く制度なら利用可能だったからです。360万円の債務ならば100万円の返済で済むので、毎月3万円弱を3年間返済し続ければ良いことになります。再生計画案を作成して裁判所へ小規模個人再生を申し立てることで、何とか債権者からの消極的同意を得られて返済が開始されました。3年間は反省をするには丁度よい期間でした。

小規模個人再生により生活を再建することが出来たので、今では毎月積み立てが行えるようになりました。

スロットにハマっていたことは、ギャンブル依存症の疑いが強かったので、弁護士に受任通知を発送してもらった後で病院で診察を受けることにしました。ギャンブル依存症の治療を行いながら、自分をコントロールする術を身につけて再度同じ過ちを起こさないようにする必要があります。小規模個人再生による3年間の返済期間は、毎月の家計コントロールが必須となるので、リハビリ期間と借金をした反省をする期間として有効利用出来ました。毎月3万円弱の返済でしたが、実際には5万円用意して毎月2万円は貯蓄に回していました。返済が終わった後も毎月3万円の貯蓄を続けており、債務整理をキッカケに生活改善と貯蓄習慣がついて良かったと考えています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理でアイフルの借金を減らしたい時の要確認ポイント

目次アイフルの借金を任意整理する際の4つのメリット。将来利息…

学生の債務整理カンタン解説 返せない借金の相談先は?

目次任意整理とは?大学生でも手続きすることはできるの?奨学…

保証人になると債務整理をされたときに何か問題ある?

目次借金を債務整理した場合、保証人への影響はあるのか保証人…

レイクの債務整理体験談

頼まれると断れない性格が災いし、兄妹にお金を貸すため借金をしたら、自分が借金で苦しい生活を送る羽目になってしまいました。

借入額190万円

借金に追われていた友人の連帯保証人でいたが、逃げられてしまい、請求が私に来て借金を肩代わりすることになりました

借入額288万円

債務整理でスッキリ生活!

借入額80万円

やり直す事が出来ました

借入額280万

民間企業では5年先のことは分からないと思ったほうが良い現実

借入額320万円

借金をしている間は大変さに気が付かない

借入額320万円