思いがけず過払いになりました。

2019.03.26 更新

会社員

借入先業者名
借入額
140万円
借入期間
12年くらい
毎月の返済額
7万円

人におごったりプレゼントしてお金が足りなくなりました。

元々父親が会社の社長だったため、裕福な生活をしていました。しかし、社会人になってからは、一度外の世界を経験したほうが良いといわれて仕送りなどは一切なく、父の知り合いの会社に平社員として勤めることになりました。今までの生活が忘れられず、数か月も過ぎたころには借金をしてまで同僚や友人におごる生活が復活したため、毎月の生活費は全く足りない状態でした。限度額いっぱいで借金がそれ以上できなくなってからは、足りない分は親に返済をしてもらいながら、収入の範囲内でぎりぎりの生活をしています。

アコム、プロミス、バンクイックから計140万円を借りて、毎月7万円ずつ返しています。

アコム、プロミスから各50万円、バンクイックから40万円の借金があり、半分くらいは自分で支払い、不足分を両親が払っていたので滞納はありませんでした。しかし、長年にわたる援助でさすがに親の我慢も限界に達し、今後は支払いを助けないといわれてしまいました。借金をきちんと整理する代わりに、親の会社に転職して目の届く範囲内で仕事をするという約束を交わし、長年勤めていた職場を辞めて見習いの役員として働いています。従業員の模範となる仕事をするようにと言われ、慌てて法律事務所に相談に行きました。

予想以上に利息を払っていたようです。

借金が大きいので、過払いになることはないと思っていましたが、予想に反して100万円ちょっとの払い過ぎが出ていました。弁護士が訴訟の手続きをしてくれたおかげでほぼ全額取り戻すことができ、そこから費用を差し引いて、70万円ほど手元に残りました。親とも相談して、ほぼ半分手助けをしてもらったため、この過払い金も折半することになっています。まだ振り込みがされていないので口約束だけですが、報告と今までの感謝の気持ちを伝えてきました。自分で手続きをすることはほとんどなく、もっと早く依頼すればよかったです。

きちんとやり直そうと思いました。

今までは親に甘えて自堕落な生活をしてきましたが、今回弁護士にも強く言われ、自分がどれくらい親に迷惑をかけていたかを実感しました。借金はなくなりましたが、これからは自分の収入を家計簿で管理して、無駄な支出をしないようにしていきたいと考えています。親からすると、借金がなくなったよりも自分が立ち直ろうとしていることが嬉しいらしく、できることは協力するといわれました。借金がいつの間にか増えているように感じていたのが、管理してみるとどれくらい愚かな使い方をしていたかがわかり、良い勉強になりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

イオンカードの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次イオンカードなどのクレジットカードも任意整理できるクレ…

借金問題解決のため、夫婦で債務整理をする場合について

目次夫婦のどちらも借金がある場合の債務整理について夫婦で借…

ポケットカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイ…

目次ポケットカードの特徴ポケットカードの借金を債務整理する…

プロミスの債務整理体験談

恋人と同棲をはじめ、生活苦になりクレジットカードや消費者金融から約150万円借り入れを行いました。

借入額150万円

商工ローンの債務保証で個人再生をしました/49歳会社員

借入額1500万円

長年の重荷が消えました。

借入額250万円

当たり前の生活を取り戻せる、借金整理

借入額5000万円

家に住み続けられそうです。

借入額210万円

ギャンブルで大負けしてしまい、生活費を借りた。

借入額150万円