会社員だった僕はギャンブル依存症のようになり、堕落した生活を送っていました/30歳フリーター

2019.02.06 更新

30代会社員

月収
借入先業者名
借入額
150万円
借入期間
3年6ヶ月
毎月の返済額
5万円

ギャンブルにハマってしまったことがきっかけです。収入は20万円ほどありました。

僕はもともとギャンブルに興味はありませんでした。しかし、同期の付き合いでフリー麻雀の店に行くことになったのです。簡単にルールを覚えてからやり始めたのですが、たまたま運がよくて勝つことが出来ました。付き合いのつもりで始めた麻雀に、どんどんのめり込んでいったのです。収入はそこそこあったので、最初は小遣いの範囲内で遊んでいました。でも、だんだんと物足りなくなって、次第に遊ぶ回数が増えていきました。休みの日は朝から晩まで雀荘に入りびたり。お金が足りなくなるとATMから貯金をおろすことを繰り返すようになっていったのです。

アコム、アイフル、プロミスからそれぞれ50万円。毎月5万円の返済。

ギャンブルにハマってから、会社を休みがちになりました。雀荘通いがやめられなくなってしまったためです。始めは、夜遅くまで起きて麻雀をしているせいで、朝起きることが出来なくなりました。そして、無断欠勤をすることが多くなり、仕事をクビになりました。それでも麻雀をやめることは出来ず、お金を借りて続けました。会社を辞めた後は定職に就くことはなく、短期のバイトを少しするだけの堕落した生活を送っていたのです。そのため借金の支払いは滞り、1年間ほど経過して借金の催促状が届きました。

自分の堕落した生活を改める機会だと感じました。

任意整理を行った後は、月々の返済額が5万円から2万円に減らすことが出来ました。会社を辞めてから定職に就いていなかった僕は、まずはバイトを始めることにしました。バイトを2つかけ持ちして、生活費と借金の返済分のお金を稼ぐことに決めたのです。ギャンブルにハマって作ってしまった借金を、任意整理をすることで減らすことが出来たのは嬉しいことです。でも、またギャンブルを始めてしまうと意味がないと思います。これは、自分が更生するチャンスだと重く受け止め、真面目に生きていきたいと考えています。

滞納していた借金を減らすことで、支払いが出来る見込みが出来ました。

借金を返済していた当初は会社員だったため、頑張れば支払いが可能な金額でした。しかしフリーターになってからは、支払うことが難しい金額となってしまったのです。ですが、債務整理をすることで自力で返済出来る額まで減らすことが出来たので、希望の光が差し込みました。さらに、ギャンブルにハマっていた自分を恥じ、真っ当に生きるきっかけをくれました。もし、債務整理をすることが出来なかったら、自暴自棄になり、破滅の道を歩んでいたことでしょう。ギャンブル依存症のような状態から脱却し、真面目に働いて生きていく道を与えてくれたことに感謝したいです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

レイクの返済に困った!任意整理が借金の返済額を減らせる

目次新生銀行カードローンレイクの借金を任意整理するメリット…

債務整理でブラックリスト入り…デビットカードは利用可能?

目次債務整理後でもデビットカードは発行・利用できるデビット…

任意整理をしても携帯電話やスマホの分割購入ってできる?

目次任意整理をしても携帯電話の新規購入や機種変更は可能!現…

プロミスの債務整理体験談

総額250万円の借金を作って債務整理をした結果/35歳営業

借入額250万円

ボーナス払いはアテにしてはならない

借入額320万円

クレジットカードの継続審査で引っかかりました

借入額210万円

結婚後の生活費として借金しました。

借入額200万円

ライバル心が招いた借金問題

借入額100万円

債務整理をして平穏な日常生活が送れる様になりました

借入額120万円