債務整理は早めの判断が大事です

2019.03.26 更新

会社員

借入先業者名
借入額
170万円
借入期間
4年8ヶ月
毎月の返済額
11万円

給与減額により、クレジットを利用するようになり、気づいたら高額な借金生活に。

借金を始めたきっかけは、リーマンショックによる給与の減額から始まりました。それまでは、現金で賄う全うな生活を送っており、家族共々何不自由なく暮らしていました。給与減額により、現金での生活が苦しくなり、クレジットカードを利用するようになりました。子供の養育費や生活費、住宅ローンを支払うのがやっとの状況で、その他出費はカードを利用していました。当然、塵も積もれば山となるの如く、借金は貯まるに貯まり、金融業者も増えていくこととなり、借金生活から逃れられなくなってしまうようになりました。

複数の金融業者から借入をし、月々11万円の支払生活に

月々11万円を支払って行くのは大変厳しく、当時入っていた生命保険を解約し、600万円くらいの貯蓄はありましたが、返済で半分以上減ってしまいました。この保険は私独自で入っていたもので、私に万が一何か起きたときのためにと残した保険で家族には内緒にしていました。学資保険にも入っていましたが、どうしてもそこまで手を付ける勇気がありませんでした。家族には借金がここまであることを伝えていないので、明るく何事も無いような態度を続けていました。しかし、返済していっても減る傾向は無く、増えていくこともしばしばありましたので、自転車操業の状況下にいました。

月々の返済額が半分以下になり、完済することができました。

司法書士の方に相談を行い、債務整理の知識は全く無かった私で、何とか家族にばれないようにお願いしますとしか言えませんでした。司法書士の方からは状況から自己破産か任意整理をしましょうと言われ、自己破産は家や車などの財産によるデメリットがあるので、任意整理を選択しました。全ての金融業者が任意整理に応じてくれるかわかりませんでしたが、司法書士の方は頑張って交渉してくれたので、ガソリン給油で使用しているカードは対象から省き、全業者応じてくれました。その結果、月々4万円の返済を5年間することになりました。

家族にばれずに、返済額も減り、人生に余裕が出来ました。

債務整理をするまでは、月々11万円払っていたのに任意整理をしたことにより、月々4万円の返済になったことで気持ちが楽になりました。半分以上減ることにびっくりして、一生終わることが無いと思っていた返済も5年で完済することができました。自己破産はさすがに出来ませんでしたが、任意整理でしたら家族にばれず、完済することも可能だと知りました。もっと早く債務整理の事を知っていたらよかったのにと思うほどです。これからは、ビクビクしながらの生活は二度としたくないので、司法書士の方にお世話になるようなことはもうしないと決意し、身の丈に合った生活を送るように努力しています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理は生命保険に影響しない?変わらず契約するために必要なこと

目次債務整理をすると生命保険は強制的に解約になる?生命保険…

任意整理と自己破産どちらを選ぶべき?メリット・デメリットを徹底…

目次任意整理・自己破産の違い自己破産は任意整理に比べてデメ…

債務整理はいくらからできる?借金の返済額などの基準

目次任意整理をするための条件に、借金の額の大きさは関係がな…

モビットの債務整理体験談

いろいろ初めての体験でした。

借入額100万円

費用の持ち出しが無い過払い金請求

借入額240万円

管財人がつきました。

借入額160万円

仕事を失わないことが何より最優先です

借入額320万円

会社を退職して収入がゼロになり借金をしました

借入額180万円

友達の借金を肩代わりして借金地獄へ。

借入額300万円