借金で悩んだらまずは過払い金請求/35歳営業職

2019.02.06 更新

30代会社員

月収
20万
借入先業者名
借入額
220万円
借入期間
5年6ヶ月
毎月の返済額
6万円

軽い気持ちで始めたギャンブルにのめり込んだためです。

メーカーで営業の仕事をしていますが、顧客とのやり取りや自社の営業ノルマに強いストレスを感じていました。最初はちょっとしたストレス発散のつもりで始めたギャンブルですが、負けず嫌いな性格も災いしいつのまにか生活費もギャンブルにつぎ込むようになっていました。当時は手取りで20万円ほどの収入があったのですが、その大半をギャンブルにつぎ込んでしまい給料日前には友人や同僚に借金をするようになりました。だんだん友人たちからも借金を断られるようになり、消費者金融からお金を借りるようになりました。

アコムから120万円、アイフルから100万円。月々6万円の返済。

借金をするようになってまず友人たちから避けられているような孤独感を感じるようになりました。どこかよそよそしくなり、飲み会などにも誘われなくなってしまいました。また、借金の返済のため切り詰めた生活を強いられていたため私も妻もストレスが溜まり、些細なことでの口論がとても多くなりました。仕事の方もまったくうまくいかず営業成績も部署内で最下位になってしまい、ボーナスも減額となりました。そのストレスをまたギャンブルで発散し、また借金をするという悪循環から抜け出せずにいました。

過払い金請求で借金の大半がなくなりました。

毎日全く余裕のない生活の中でもなんとか節約して毎月の返済日にはお金を返していましたが、いよいよ工面ができなくなり途方に暮れていた時にたまたま知ることができた過払い金請求というものをしてみました。最初に連絡するときは勇気がいりましたが、もう後がなかったため藁にもすがる思いで電話をしました。対応して暮れた弁護士の先生はとても親身になって話を聞いてくれて大変嬉しかったです。結果としては多くのお金が戻ってきて月々の返済額が6万円から1万円まで減り、毎日の生活がとても楽になりました。

簡単に過払い金請求の手続きができて驚いています。

消費者金融から借金をしたことでお金の大切さを改めて認識することができました。自分の収入に合わない額のギャンブルは身を滅ぼすことを強く痛感しました。過払い金請求の手続きは自分ではほとんど何もせずにすべて弁護士の先生が行なってくれたのでとても心強かったです。費用も返ってきたお金の中からの支払いとなったため、持ち出しがなく助かりました。また借金が多かったときは口論もしましたが、人生の最大のピンチを一緒に乗り越えてくれた妻への感謝の気持ちがいっぱいで、絆も一層深まった気がします

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理するべき基準と知らなきゃ損する年収との関係

目次債務整理はどのタイミングでするのがベストか債務整理する…

アルバイトでも債務整理できる?

目次「安定した(継続的な)収入」があることがポイントアルバ…

楽天カードを任意整理すると審査はどうなる?

目次楽天カードの借入を任意整理するメリット3~5年で無理なく…

アコムの債務整理体験談

今でも過払いになると思いませんでした。

借入額10万円

借金問題なら一人で悩まず、専門家に相談を

借入額200万円

ギャンブルにお金をつぎ込んでしまい、借金地獄に。

借入額180万円

夢を清算する時が来ました

借入額400万円

アイドルのハワイツアーに参加する為に借金をしました。

借入額361万円

返済計画を初めて知りました。

借入額150万円