品物をたくさん失いました。

2019.03.30 更新

借入先業者名
借入額
80万円
借入期間
4年1か月
毎月の返済額
3万円

買物が大好きで、生活費が足りなくなると借金していました。

昔から買い物が好きで、定期的に通信販売などを利用していました。通販ではクレジットカードの支払いができるため、手持ちの現金に関係なく高額なものもどんどん買って、そのうち利用限度額いっぱいになります。その時には新しい会社で申し込みをして、相変わらず買物に明け暮れていました。やがてどこからも借金ができなくなり、ついには返済ばかりしなければならない状況に追いやられてしまいました。それでも買い物がやめられず、友人や家族にお金を貸してもらうなど、自分でも呆れるほど使い込んでいた状況です。

ライフカード、アプラス、セディナから計80万円の借金で、毎月3万円くらいの返済です。

ライフカードから40万円、アプラス、セディナから20万円ずつ借りており、遅れながら返しています。今は友人からも距離を置かれていますし、カードを止められており、さらに借金がり茹で夫からも離婚されているため、支払いのあてがなく買物はできない状態です。周辺の商店でもつけで買うことができないほどブラックリスト扱いされていますので、肩身が狭く、家と職場を往復するだけの毎日です。子供には生活の苦労をさせたくないということで元夫が引き取っており、時々面会するのが唯一の楽しみになりました。

借金がなくなり、人生をやり直せそうです。

無料の相談会で自己破産を勧められ、支払いも分割で良いらしいので、その弁護士に依頼しました。どちらかというと、買物よりも生活や返済のために借金をしていたので免責が受けられるという事です。破産の申し立てをすると言ったとたん、サラ金やカード会社から買い物をした商品の引き揚げをされて、宝石やバッグ、着物などのほとんどを失いました。その代りに借金もなくなり、ぜいたくをしなければ自分の収入で生活していけそうなめどが立ちました。二度目の破産手続きをすることは難しく、借金も当分できないそうです。

つきものが落ちたように買物をしなくなりました。

今回、申立書を作成する際に弁護士から長時間にわたるお説教を受けました。家族のことを考えていない、実際に使わないものを購入し、結局新品同然で保管しているなど、耳に痛いことばかりです。しかし、その後買い物依存症のカウンセリングを紹介され、そちらに通ううちに異常なほどの買物への情熱が薄れていきました。今ではほしいものがあるときには、それが自分にとって本当に必要かどうかをよく考えてから買うようにしています。借金がなくなっただけでなく、今後のためのサポートもしてくれてありがたかったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

ギャンブルの借金をなくすために債務整理する際の注意

目次債務整理の注意点とは?借金の原因が「ギャンブル」の場合…

バンクイックの借金を任意整理する前に!見落としがちなポイント

目次バンクイックの借金を任意整理するときの注意点1.三菱UFJ…

借金の任意整理を専門家に依頼したい!費用はどれくらい?

目次借金の「任意整理」、専門家へ相談するのを躊躇させる費用…

ライフカードの債務整理体験談

人を見る目がなかった自分に後悔

借入額150万円

保証人になってはいけないと遺言に残したい

借入額7社から約1000万円

無意識に見ている広告には気が付かないものです

借入額200万円

浪費が原因で多重債務になりました。

借入額190万円

過払い金が手に入りました。

借入額130万円

過払い金返還請求は金融会社のウマい話に要注意

借入額180万円