特定調停に初挑戦しました。

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
400万円
借入期間
6年3ヶ月
毎月の返済額
5万円

妹の大学費用のために借金しました。

両親は昔から妹だけをひいきしており、私は奨学金で大学を出て就職しましたが、妹は無名の私立大学でも二つ返事で受験させました。妹に借金をさせるのはかわいそうだが、親も年金生活なので借金を申し込んでも断られるに決まっています。そこで親は私に妹の学費を借りるように要求し、私の名義でサラ金に借金をさせられました。私自身の奨学金ももちろん自分で返済していますし、妹のサラ金の返済まで増えたため、毎月の生活は非常に苦しい状況でした。妹は悠々自適で大学生活を謳歌しており、全く借金などはしていません。

日本政策金融公庫、プロミスから計400万円借りており、毎月5万円支払っています。

日本政策金融公庫から250万円、プロミスから150万円の借金があり、毎月の遅れはありません。プロミスの借金は妹と親のためですが、いまだにそれに対する感謝はなく、逆に追加で借金するようにと催促される始末です。親元を離れて生活をしたことで、今までの状況が異常だったことに気付き、職場には転勤を願い出て実家から離れたところにこっそり引っ越しました。そして、この際に借金もすべてきれいにしたいと考えて、弁護士に相談して債務整理をすることにしたのが、今回の手続きを始めたきっかけです。

特定調停で支払額が減りました。

弁護士に相談したら自分の境遇に同情してくれて、親身に話を聞いてもらえました。専門家に依頼すると費用がかかるため、特定調停を自分で申し立てたらどうかと言われ、基本的な書き方などを教わりました。裁判所に出向いて言われたとおりの書類を作成し、プロミスに調停を申し立てた結果、毎月の支払額を2万円減らしてもらえました。日本政策金融公庫はもともと低金利で支払額も少なかったため、今回はプロミスに対してだけ調停を申し立てています。弁護士への相談料と調停のための印紙や切手代だけで、負担がずいぶん軽くなりました。

新しい地で人生をやり直せそうです。

借金を返すめどがついたおかげで、一区切りついて今までの人生をリセットできたような気持です。毎月の支払いによる負担も軽くなりましたし、ゴールが見えてきたので、これからは返済に集中していきたいです。自分で手続きをしたことで自信もつき、新しい人生に前向きに取り組んでいこうと思えるようになりました。そのおかげか、転勤先では職場の同僚との仲もよく、気になる女性とも一緒に出掛けるなど、毎日が充実しています。まだ借金のある身ですが、堅実に生活して速く完済したいという気持ちでいっぱいです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理の取引履歴の開示請求とは

目次取引履歴の開示請求って?取引履歴の開示請求が必要な理由…

債務整理をする前に!おすすめの無料相談先や失敗しない選び方を解説

目次弁護士と司法書士だけじゃない!債務整理の相談先を紹介弁…

個人再生と任意整理とはどこが違うのか?

目次任意整理とはどんな制度なのか?民事再生とはどんな制度か…

プロミスの債務整理体験談

私の苦しかった任意整理の体験談とは

借入額200万円

親から受け継いだ家を守りたかったです。

借入額200万円

病気で収入が減り、借金をしました。

借入額210万円

アイフルからの借金がすべてなくなりました

借入額130万円

長い借金生活から私達を救ってくれたのが債務整理でした

借入額130万円

老後破産した義両親に援助して借金をつくってしまいました

借入額230万円