想定外の展開になりました

2019.03.13 更新

OL

借入先業者名
借入額
100万円
借入期間
3年9ヶ月
毎月の返済額
4万円

自らの希望で年金支給を遅らせるも裏目に出てしまい、借金生活に。

子育ても無事に終わり、長年勤め上げた生命保険のセールス業務からも退職し、ゆっくりと年金生活を送るつもりでした。ところが、数年前から、病気に悩まされるようになり、入退院を繰り返すようになってしまいました。主人とは既に離婚しており、誰も頼ることはできませんでした。そのため、入院費用や治療費の捻出ができなくなり、消費者金融業者やクレジット会社にお世話になることにしました。定年退職後に新たに勤め始めたアルバイト先も、休みがちになってしまい、退職を余儀なくされてしまいました。

プロミス、オリコから50万円ずつの借入。月々4万の返済

借入をはじめた当初については、アルバイトもしていたため、滞りなく返済が可能でした。その後、体調を崩し入院してからは、多くの出費が嵩み、返済が難しくなっていきました。しかしながら、借りたものは何としても返さなくてはいけないという考え方に変わりはなく、節約生活を徹底することによって、返済を続けました。その後、どうしても、支払いができなくなるピンチが訪れることになりましたが、自宅にあった、ブラント品などを買取店に持っていくなどして、お金の工面をすることで、乗り切ってきました。

債務額が減り、返済意欲が増すことになりました。

必死になって返済を続け、延滞なしの状態を保ち続けることはできましたが、安定した支払をしたいため、弁護士事務所に相談することにしました。弁護士とのカウンセリングの中では、それほど、債務が膨らんでいないことから、任意整理をすることで、解決を目指すという方向性になりました。弁護士が、債権者との間に入って、和解をとりつけてくれましたので、債務額が確定し、支払った分だけ、残高が減っていくような状態になりました。毎月の返済額も4万円から2万円と半減することになり、精神的にも楽になりました。

完済に向けての道筋がはっきりとしました。

今回の任意整理をするにあたっては、弁護士の力を借りることになりましたが、早めに相談することで、解決に向けてのアプローチがしやすくなったので良かったです。任意整理をする前の段階では、毎月の収支バランスについて、弁護士に詳細を見てもらうことができて嬉しかったです。あえて、年金の支給開始年齢を遅らせるなどの取り組みについても、弁護士には、ありのままに説明しました。終わりがしっかりと見えるようになったことで、精神的にも楽になりました。毎月の返済額も抑えられたため、自分のために使えるお金も増えることになりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

借金を任意整理したい!銀行口座は開設できなくなる?

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると銀行口座が利用でき…

債務整理の取引履歴の開示請求とは

目次取引履歴の開示請求って?取引履歴の開示請求が必要な理由…

住宅ローンが苦しくて債務整理するけど持ち家は残したい!

目次住宅ローンの支払い延滞は、ブラックリストに載る!債務整…

プロミスの債務整理体験談

車が欲しかったので借金をしました。

借入額260万円

ホストクラブに嵌ってしまって借金地獄になりました

借入額170万円

友達の保証人になって借金地獄に!驚くべき返済方法とは?

借入額580万円

キャバクラにはまってしまい、借金地獄に。

借入額280万円

ギャンブル依存症になり借金地獄に。

借入額1000万円

負担が減って再スタートができました。

借入額250万円