自宅を手放したくなく借金も相続しました

2019.03.25 更新

借入先業者名
借入額
150万円
借入期間
4年3か月
毎月の返済額
15万円

借金ごと親の遺産を相続しました。

これまで結婚することなく実家で暮らしていて、父はかなり昔に鬼籍に入り、介護が必要だった母も亡くなって、一人っ子なので自動的に遺産を相続することになりました。しかしここで母に借金があることが分かり、相続放棄をするかで悩みましたが、慣れ親しんだ家を手放すのは忍びなく借金ごと相続することにしました。この時に借金の一部が面倒なもので早く返済したく、手持ちのクレジットカードのキャッシング枠を使ってキャッシングして、一括返済しました。しかしこれが後々、生活に重く伸し掛かるようになりました。

楽天カード50万円、イオンカード50万円、タカシマヤカード50万円、月々15万円の返済

家を相続したので生活そのものに変化はありませんが、毎月15万円の返済はかなり大変で、暮らしから余裕が失われました。仕事は社会人になってずっと働いてきたのでわりと高給でしたので、これまでは独身貴族ということで外食を中心に余裕の生活をしていました。しかし毎月9万円、さらにボーナスなどまとまった額が入ると少しでも早く返済しようと借金に回したところ、生活が辛く、節約で切り詰めなければいけないのが辛かったです。しかも利息が高く、完済の終わりが見えないことでストレスがたまり、毎日が苦しいものでした。

個人再生で借金の総額がかなり減額されました

何時まで経っても終わりが見えない、利息ばかりで元金が減らないことから弁護士さんに相談して、現状を考えて自宅を残せるということで個人再生に踏み切りました。しばらくはカードが使えなくなるデメリットはありますが、今の状態から抜け出した気持ちでお願いしました。手続きに時間はかかりましたが無事に済んで、その結果としてかなりの減額となり、毎月の支払いも15万円から9万円に減らしました。この結果、生活に多少の余裕が出て、何よりも完済のゴールが見えたのが励みになって気持ちが楽になりました。

生活に少し余裕ができて、気持ちが落ち着きました

個人再生をお願いした際に、弁護士さんから生活全般についても見直すようにと指示されて、保険などの確認を行いました。その結果、保険の一部が自分にとっては無駄であることが分かり、解約して、今の自分に適した保険を見つけることができました。家の火災などについても古すぎて効力が失われているものがあり、見直すきっかけになりました。また家族の借金についても相談をして、残っていた母の借金に過払いの可能性があり請求したところ、かなりの額が戻ってきて完済となり助かりました。法律家を頼るのも大切だと知りました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理ができない3つのケースとその対処法

目次任意整理できないケース1|任意整理後の支払いをできるだ…

債務整理をする前に!おすすめの無料相談先や失敗しない選び方を解説

目次弁護士と司法書士だけじゃない!債務整理の相談先を紹介弁…

取引期間が短いと、借金の任意整理はできないの?

目次取引期間が短い場合でも借金を任意整理するメリット短い取…

楽天カードの債務整理体験談

借金がおよそ半分になりました。

借入額200万円

すっきりやり直します。

借入額150万円

アイドルのハワイツアーに参加する為に借金をしました。

借入額361万円

返済計画を立ててもらいました。

借入額70万円

カードでショッピングしていたら借金返済の自転車操業に

借入額90万円

いざという時の為に作っていたカードで借金をしました

借入額180万円