安く業者と交渉できました。

2019.03.26 更新

借入先業者名
借入額
180万円
借入期間
7年1ヶ月
毎月の返済額
7万円

離婚の慰謝料と養育費の一括払いのために借金しました。

7年ほど前に元妻と離婚していますが、私のモラハラが原因だったので慰謝料と養育費の一括払いを請求されました。こちらも弁護士をつけて戦い、結局慰謝料はわずかになったものの、養育費は子供の権利なので減額もできず、貯金では足りないためサラ金で借り入れをしました。これ以外の借金はありませんが、毎月の支払いに送れることがあって損害金がつき、今ではかなりの金額になっています。このままではとても払えないと思うものの、弁護士への費用を払う余裕もなく、友人に聞いたりネットで対策を調べました。

セディナ、バンクイック、ライフカードから計180万円借りて、毎月7万円の返済です。

セディナ、バンクイック、ライフカードから各60万円ずつ借りており、遅れがちなので頻繁に連絡が来てました。営業なので接客中に電話がかかるのが不自由ですし、出ても毎回嫌味っぽく催促をされるのが負担で、じわじわとストレスがたまっていたように思います。かといって、毎月の支払いが大きすぎて約定通りに支払うのが難しく、とても借金を減らせそうにはない状態でした。行き詰っていた時に債務整理をしたという友人から特定調停のことを聞き、自分で簡単な手続きをするだけで、弁護士費用もかからないといわれて興味を持ちました。

減額にはならないものの、毎月の負担が楽になりました。

裁判所で書き方を聞いて特定調停を申し立てたところ、裁判所の人の助言もあり、借金を5年かけて毎月3万円ずつ返していくという結論になりました。今後は利息も付かないので目に見えて借入残高が減っていきますし、毎月の支払額が半分以下になって、生活が楽になります。結局プロの手を借りなかったので報酬も発生せず、わずかな印紙代と郵便切手代だけで、このようなこちらに有利な条件での和解に持ち込めました。期待していた借金の減額は期間が短くてありませんでしたが、結果にはおおむね満足しています。

営業に打ち込めるようになりました。

今は無理のない返済計画になったため、遅れずにきちんと返しています。おかげで仕事中に業者から電話がかかってくることもなくなり、営業に力を入れられるようになりました。うちの会社は歩合制で、契約を取ってきただけ自分の収入も増やせますので、借金のことで悩んでいた時期よりも収入が増えて、支出が減っている状態です。まだ借金の完済までの道のりは長いですが、この調子で計画通りに返済を続け、いずれ余裕が出てきたら、自分へのご褒美として旅行や大きな買い物のために貯金したいと考えてます。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

個人再生と任意整理とはどこが違うのか?

目次任意整理とはどんな制度なのか?民事再生とはどんな制度か…

債務整理はいくらからできる?借金の返済額などの基準

目次任意整理をするための条件に、借金の額の大きさは関係がな…

プロミスの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

目次将来利息をカット!大手消費者金融、プロミスの借金を任意…

ライフカードの債務整理体験談

慣れは多重債務への入り口でした

借入額300万円

見栄を張りすぎて自己破産することに

借入額440万円

浪費していることは自分では全く気付かないことに驚きました

借入額320万円

債務整理をすることによって、金銭面の不安が解消!

借入額600万円

浪費が原因で多重債務になりました。

借入額190万円

保証人になってはいけないと遺言に残したい

借入額7社から約1000万円