借金がなくなっただけで十分です。

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
12年超
毎月の返済額
8万円

親の施設入所のために借りました。

実家で暮らしていた時、親が認知症を発症して施設への入所を余儀なくされました。入所のための一時金が貯金では足りず、サラ金で借りたのが最初の借金です。この時にまとまった金額を借りたので、その後いくら返しても借金が膨らんでいく一方でした。返済が困難なときには他の業者に借り入れをして、それで支払いをしていたこともあります。これを繰り返した結果、10年以上借金の返済が続いており、さらに借入額は100万円を超えるような状態となりました。このままではいけないと思い、司法書士に相談に行ったのが債務整理のきっかけです。

レイク、アイフル、プロミス、アコムから200万円借りて、毎月8万円返済しました。

レイク、アイフル、プロミス、アコムから各50万円ずつ借りており、利用限度額いっぱいです。今まで何とか遅れずに払ってきたものの、複数のバイトを掛け持ちして、実家で細々と暮らしていても限界でした。最近では疲労から体調を崩しやすくなっており、このままでは母より先に自分が倒れてしまい、母がいつまでも入所できなくなるかもしれないと不安を感じ、知人の司法書士のところに相談に行きました。ちょうどその司法書士が債務整理も手掛けているとのことだったため、そのまま手続きも依頼したという流れです。

過払い請求で費用負担もありませんでした。

引き直し計算の結果、借金はとっくに全額払い終えていて、100万円以上の過払いになっていました。金額が大きいので司法書士ではなく私自身が過払い金請求の交渉をして、およそ8割程度を返してもらえることで和解しました。司法書士の報酬は、書類作成代金だけでそれほどかからなかったため、手元には70万円以上の現金が入った状態です。借金がなくなるだけでもずいぶん助かったものですが、予想以上の臨時収入が入ってきたので驚いています。交渉をしてから現金受取までは半年近くかかったものの、きちんと払われました。

いざというときの蓄えで気持ちにゆとりが出ました。

今までは、自分に何かあったら母と共倒れになるという不安ばかりを抱えていましたが、今は過払い金が当座の費用としてそのまま取ってありますし、毎月の支払いが亡くなった分、生活費の余剰分を積み立てています。おかげで気持ちに余裕が出てきて、ストレスで体調を崩していたころが嘘の様に健康になっています。自分で考え遺体状に借金のストレスは大きかったらしく、最近は特に代わり映えのない日常が、とても幸せに感じられています。最初は不安もありましたが、思い切って債務整理をして良かったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

ライフカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

目次ライフカードの特徴ライフカードの借金を債務整理するとき…

任意整理や過払い金請求で官報に掲載される?

目次任意整理や過払い金請求したい!気になる官報って一体何?…

知っておいて損はない、借金額と債務整理の「微妙な」関係

目次手続きの種類と目的、債務者の状況で債務整理の効果は変わ…

レイクの債務整理体験談

過払い金が手に入りました。

借入額130万円

250万円の借金を任意整理で60万円にまで減らせました

借入額250万円

定年まで勤務出来るとは限らない

借入額150万円

借金が戻るとは思いませんでした。

借入額200万円

全取引履歴を開示請求して金融会社の性格が分かる

借入額160万円

パチンコにはまって借金地獄

借入額450万