借金がなくなっただけで十分です。

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
12年超
毎月の返済額
8万円

親の施設入所のために借りました。

実家で暮らしていた時、親が認知症を発症して施設への入所を余儀なくされました。入所のための一時金が貯金では足りず、サラ金で借りたのが最初の借金です。この時にまとまった金額を借りたので、その後いくら返しても借金が膨らんでいく一方でした。返済が困難なときには他の業者に借り入れをして、それで支払いをしていたこともあります。これを繰り返した結果、10年以上借金の返済が続いており、さらに借入額は100万円を超えるような状態となりました。このままではいけないと思い、司法書士に相談に行ったのが債務整理のきっかけです。

レイク、アイフル、プロミス、アコムから200万円借りて、毎月8万円返済しました。

レイク、アイフル、プロミス、アコムから各50万円ずつ借りており、利用限度額いっぱいです。今まで何とか遅れずに払ってきたものの、複数のバイトを掛け持ちして、実家で細々と暮らしていても限界でした。最近では疲労から体調を崩しやすくなっており、このままでは母より先に自分が倒れてしまい、母がいつまでも入所できなくなるかもしれないと不安を感じ、知人の司法書士のところに相談に行きました。ちょうどその司法書士が債務整理も手掛けているとのことだったため、そのまま手続きも依頼したという流れです。

過払い請求で費用負担もありませんでした。

引き直し計算の結果、借金はとっくに全額払い終えていて、100万円以上の過払いになっていました。金額が大きいので司法書士ではなく私自身が過払い金請求の交渉をして、およそ8割程度を返してもらえることで和解しました。司法書士の報酬は、書類作成代金だけでそれほどかからなかったため、手元には70万円以上の現金が入った状態です。借金がなくなるだけでもずいぶん助かったものですが、予想以上の臨時収入が入ってきたので驚いています。交渉をしてから現金受取までは半年近くかかったものの、きちんと払われました。

いざというときの蓄えで気持ちにゆとりが出ました。

今までは、自分に何かあったら母と共倒れになるという不安ばかりを抱えていましたが、今は過払い金が当座の費用としてそのまま取ってありますし、毎月の支払いが亡くなった分、生活費の余剰分を積み立てています。おかげで気持ちに余裕が出てきて、ストレスで体調を崩していたころが嘘の様に健康になっています。自分で考え遺体状に借金のストレスは大きかったらしく、最近は特に代わり映えのない日常が、とても幸せに感じられています。最初は不安もありましたが、思い切って債務整理をして良かったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理って怖そうだけど実際は?メリット・デメリットを解説

目次債務整理とは何か4つの債務整理債務整理のメリット債務整…

債務整理とは何か、その意味について見直そう!

目次債務整理について、もう一度整理してみよう債務整理ごとの…

債務整理をする前に!おすすめの無料相談先や失敗しない選び方を解説

目次弁護士と司法書士だけじゃない!債務整理の相談先を紹介弁…

レイクの債務整理体験談

飲酒と、酒気帯び運転の違反金

借入額400万

弁護士に相談をして目が覚めました

借入額200万円

思っていたより大掛かりでした。

借入額120万円

友人の結婚式のご祝儀を捻出するためにクレジットカードで5万円のキャッシングをしたことをきっかけに借金。家賃や車の購入ローンの支払いを済ますと手元には生活費の3万円程しか残らず、借金が膨らんでいった。

借入額500万円

ストレス発散の為に始めたギャンブルの軍資金のため。

借入額240万円

過払い金請求で借金を全額返済

借入額250万円