買い物依存症に陥った体験談

2019.02.06 更新

OL

借入先業者名
借入額
120万円
借入期間
約3年
毎月の返済額
3万円

買い物依存症で毎日インターネットで買い物をし続けた日々。

インターネットさえ繋がっていれば自宅に居ながら買い物できる通販は、私にとって大きな魅力がありました。当時、会社員で自分で稼いだお給料のほとんどをネットショッピングに使っていました。クリック一つで可愛い洋服やブランド品が自宅に届くので、いつしか感覚が麻痺していたのかもしれません。当時20万円程の月収でしたが、買い物をした支払いや雑費を支払えば手元には何もお金が残らない状況でした。お給料だけでは足りず、消費者金融からキャッシングしては返済し、また借りるというサイクルから抜け出せなくなっていきました。

三菱UFJニコスから60万円、地方銀行2社から30万円。月々3万円の返済。

支払いが遅れると通知や電話が来るのが怖くて色んな会社から借りては返すを繰り返していました。当然のことですが、お金が回らなくらるまで買い物依存症から抜け出せず、しばらくの間、負のサイクルが続きました。独身ということもあり、自分で借金を返せば問題ないと自分を信じすぎていました。滞納してしまえば、本当に支払うことが出来なくなってしまいそうなぎりぎりの状態でした。これがもし、結婚していたら、子供が居たらと思うと恐怖でしかありません。お金は大切に有意義に使わなければいけないということを実感しました。

任意整理で元金だけを返済し過払い金を取り戻すことができた。

借りたお金は全額返すことが当然と思っていました。債務整理というワードを知るまで、任意整理のことは全く知りませんでした。任意整理は、金融機関から借りた元金だけを返済し、過払い金を取り戻す和解契約です。金融機関には利息が付き物で、お金を借りる際、支払い過ぎた利息を過払いと呼んでいます。もしも、金融機関に支払い過ぎていた利息があるのであれば借金から過払い金を差し引いた元金のみの支払い、または借金が0になることもあり得ます。実際、任意整理したおかげで、月3万円の支払いが月1万円にまで減りました。

過払い金を取り戻すことが出来ることや自分自身の負担が軽い

弁護士や司法書士を通せば債権者と難しいやりとりをしてくれるので、私の体力、メンタルが軽かったことが任意整理をして感じたメリットとして挙げられます。自己破産とは違い、第三者に知られることがないことや資格制限もないことも任意整理の特徴です。手続きを踏めば、過払い金請求が出来ますので、場合によっては支払っていたお金が戻ってくることもあります。借金で苦しんでいた時期は自暴自棄になりやすかったのですが、任意整理をしてからはお金の管理がしっかり出来るようになり、心に余裕を持てるようになりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

内緒で任意整理したい!個人情報や秘密は絶対に守られる?

目次任意整理をしたい…家族や勤務先に内緒でできる?「絶対に」…

任意整理でアイフルの借金を減らしたい時の要確認ポイント

目次アイフルの借金を任意整理する際の4つのメリット。将来利息…

任意整理で借金の元金減額も可能?減額されない時の対策も紹介

目次任意整理でいくら借金が減る?その仕組みとは減額のポイン…

バンクイックの債務整理体験談

小規模個人再生で持ち家を失わずに済みました

借入額320万円

入院費が嵩んでしまい借金。

借入額190万円

浪費でも減額できました。

借入額200万円

安く業者と交渉できました。

借入額180万円

抗がん剤にはお金がかかる

借入額500万円

借金の免除で新たな人生を歩めます。

借入額100万円