やむを得ない事情で破産しました。

2019.02.06 更新

OL

借入先業者名
借入額
100万円
借入期間
5年1か月
毎月の返済額
4万円

DVが酷い夫の元から逃げるため、借金をして資金を得ました。

元夫は暴力が酷く、私が働いて得ていた収入もすべて取られて、生活できないほどの少額を食費として渡されていました。子供がいなかったので別れようとしましたが、直接離婚を口にすると暴力で黙らされており、ある時サラ金からお金を借りて、それを資金にして逃げ出しました。その後、弁護士を雇って無事に離婚し、今では元夫の家からかなり離れた場所で生活しています。正社員として働きながら返済をしてましたが、無職時代の借り入れが大きくてなかなか返せず、最近は持病の悪化でフルタイムの仕事ができなくなっています。

プロミス、アイフル、セディナから100万円の借り入れ、毎月4万円の返済です。

プロミスから60万円、アイフル、セディナから20万円ずつの借金があり、フルタイム勤務をしていたころには何とか返せていたものの、持病の悪化により満足に働けなくなってからは生活が苦しい状態が続きました。経済的援助を頼めるような実家は既になく、頼れる先がありませんでしたので、弁護士のところに相談して借金を何とかしたいと思うようになりました。相談できそうな弁護士を探しているときに、ちょうど無料の借金に関する法律相談会を開催しており、そちらで相談したところ、破産を勧められました。

借金を免除してもらい、生活が楽になりました。

借り入れ時期から言って、借金の減額は困難ですので、自己破産が良いという判断になりました。手続きを終えるまでには5か月くらいかかりましたが、その間は弁護士がサラ金業者との対応をしてくれており、免責が出てからは一切請求されなくなったため、実際には依頼してからは借金で悩むことはなくなりました。弁護士への報酬は、法律扶助制度を使って毎月数千円ずつの支払いで良いことになり、今までの返済額から考えると非常に楽です。財産を持っていなかったのも幸いし、破産しても何も失うものはありませんでした。

気持ちにゆとりができ、少し元気になりました。

借金がなくなったこと、元夫のDVに怯える必要がなくなったことから、手続きを終えてからの私はかなり体力が戻ってきたように思います。弁護士からは、仮に元夫が何か言ってきたときには代理人として対処してくれるという言質を頂きましたので、精神的な負担が随分と軽くなりました。もちろん経済面でも今までの負担とは比べ物にならないほど楽になり、時々は生活費の余った分を積立貯金できるように改善しています。相談に行くまでは不安も多かったのですが、思い切ってあの時弁護士に相談して良かったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理に関係のある色々な期間について理解しよう

目次「債務整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼した場合」に…

債務整理の無料電話相談をする前に!電話の流れと準備すべきことを…

目次債務整理の電話相談はどこに?24時間受付無料の相談先は? …

任意整理と起業の関係 借金の支払いを軽くするには

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると、法律上起業できな…

プロミスの債務整理体験談

完済した借金の過払い金が返還されました

借入額100万円

費用がかからず助かりました。

借入額150万円

借金額がグッと減って無理無く返済が出来る様になりました/35歳会社員

借入額210万円

最初に一万円を借りたのが始まりでした

借入額200万円

債務整理は法律の力で自分の身を守るもの/30歳広告会社勤務

借入額100万円

債務整理のお陰で毎日平穏に暮らせる様になりました/42歳パート

借入額180万円