生活費の補てんで借金をしました

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
4年3か月
毎月の返済額
5万円

ストレスでうつ症状になり休業中に生活のためにキャッシングして借金しました。

病院で看護師として働いていましたが、仕事上の問題と人間関係のトラブルの両方から精神的に病んで、働くことができない状態になりました。当座は失業保険もあり、また貯金を切り崩して生活していましたが、実家を出て一人暮らしをしていたので家賃や光熱費、食費などが必要となり、さらに通院費なども含めてすぐに貯金は底をつきました。両親に心配をかけたくなく、生活費をリボ払いにして何とか先延ばしにして、そのうちキャッシングもするようになって、自分でもまずいと思いつつも借金がどんどん増えていきました。

楽天カードで150万円、イオンカードで50万円、月々5万円の返済

失業して生活のためにリボ払いをするようになり、それも返済が難しくなりキャッシングをして凌ぎました。しかし借金先がふたつになって、完全に返済が難しくなり、無職のため消費者金融からの借り入れを試しましたが不可能でした。手持ちのカードで限界まで借りた後、どうしようもなく半年ほど放置してしまい、督促状が着てはじめて状況のまずさに焦り対応を考えることにしました。その頃には自活ができる状態ではなく、家賃の滞納から保証人である親に連絡がいき、実家に戻っていて借金も親にばれました。

利息がカットされて、返済の総額が減りました

借金をした理由が生活のためということで、親が紹介してくれた弁護士さんが個人再生をすすめてくれて、他に方法もなく手続きをお願いしました。時間はかかりましたが無事に受理されると借金の総額がかなり減って、それ以上に督促が止まってくれたのがホッとしました。また借金に関しては両親が一括返済してくれて、私は親に返すという形をとることになりました。そしてお金がなく通えなかった精神科に通院できるようになって、無事にうつ症状が完治できて再びは働きだすことができるようになり、やっと未来が見えてきました。

投げやりな気持ちが前に向きになりました

両親に心配をかけるからと黙っていましたが、借金が膨らめば今以上に迷惑をかけることを知り、本当に危ないところだと気づきました。また弁護士さんに相談したところ、医療控除などについて詳しく説明してもらい、お金がなく通院できなかった精神科にかかることができて、うつ症状を感知して働きだすことができるようになりました。保険についても見直す必要があると言われて、改めて内容などを確認して、自分に相応しいものにしました。おかげで今は普通に働けるようになり、後ろ向きだった気持ちが前向きになって頑張れています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理はいくらからできる?借金の返済額などの基準

目次任意整理をするための条件に、借金の額の大きさは関係がな…

債務整理の取引履歴の開示請求とは

目次取引履歴の開示請求って?取引履歴の開示請求が必要な理由…

車ローンを債務整理対象にするとどうなる?完済後の審査は?

目次車のローンを債務整理の対象にすると、愛車はどうなる?債…

楽天カードの債務整理体験談

生活をする為に借金をしました

借入額90万円

車を失わずに済みそうです。

借入額150万円

4社からの多重債務を任意整理で解決した体験談

借入額150万円

同居から逃げる為に、お金を借りました

借入額300万円

交渉中は緊張しました

借入額120万円

美容整形にはまって借金を増やしました

借入額180万円