住宅の支払いは続行します。

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
8年1か月
毎月の返済額
8万円

住宅ローンの計画が厳しいので、生活費のために借りました。

20代で結婚して子供も生まれたので、早めにマイホームを買った方がよいだろうという事になり、ローンを組んで小さい家を買いました。最初は順調に昇給していたものの、世界規模の不況のあおりで収入は減少し、物価が高くなって生活が苦しくなりました。子供が小さいので妻は働くことができず、仕方なく私名義でサラ金から借金をして、生活費の足しにする日々が続く状態でした。今では限度額いっぱいまで借り入れをしている状態になり、これ以上借金ができませんので、債務整理の得意な弁護士のところに相談に行きました。

住宅金融支援機構、ライフカード、楽天カード、アコムから1500万円借りて、毎月8万円払っています。

住宅ローンが1300万円、ライフカード、楽天カードから各70万円、アコムから60万円借りています。毎月生活はカツカツで、小学生になる子供にも習い事をさせたり、塾に行かせることができずに申し訳ないです。妻は子供が学校に行ってからパートで働きに出ていますが、学校の行事や役員の用事が多く、思うように働けない状況です。遅かれ早かれ支払いができなくなる状況が目に浮かび、債務整理にはどのような方法があるのかを知りたいという気持ちもありましたので、弁護士のところに相談に行きました。

個人再生のおかげで借金が減りました。

個人再生をした結果、200万円近くあったサラ金の返済は100万円に圧縮されました。毎月8万円以上あった返済は、弁護士への分割の報酬支払いも含めて6万円に減額されています。今の時点では月々の支払いは2万円しか減っていませんが、5年後にはサラ金が完済できますし、弁護士費用もそれまでには全額払い終える予定ですので、徐々に支払いが少なくなる予定です。今後の借金は利息が付かないため、払い続けると確実に減っていくという気持ちでいられるのも、個人再生をしてよかったと思えるポイントです。

子供にも負担をかけずに済みそうです。

今までは借金の返済が第一で、考えてみれば子供ときちんと遊んだり向き合ったりできませんでした。まだ借金は残っていますが、今後は支払額が目に見えて徐々に減っていくことがわかり、不安が消えて心から家族と笑って会話ができています。サラ金の返済が終わると、子供にも習い事や欲しがっていたものを買ってやるなど、今まで我慢させてきた分、少しは期待に応えられそうです。借金の仕切り直しだけでなく、家族にとってもやり直しのきっかけを与えてくれた個人再生は、利用してみて良かった手続きだと思います。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

レイクの返済に困った!任意整理が借金の返済額を減らせる

目次新生銀行カードローンレイクの借金を任意整理するメリット…

任意整理をするなら必ず押さえておくべき手続きの流れ

目次任意整理を依頼した場合の具体的な流れを把握する面談から…

任意整理で信用情報機関に登録された人のための「トリセツ」

目次任意整理の手続きをしたらブラックリストに載る信用情報の…

楽天カードの債務整理体験談

投資に失敗して借金をつくりました

借入額180万円

自己破産のデメリットはあまりない

借入額170万円

債務整理をして本当に良かったです

借入額120万円

車を失わずに済みそうです。

借入額150万円

お洒落のために借金しました。

借入額90万円

パチンコに嵌ってキャッシングで借金を作りました

借入額180万円