ホストに貢ぐために、多額の借金をしました

2019.02.06 更新

OL

借入先業者名
借入額
1000万円
借入期間
5年1ヶ月
毎月の返済額
17万円

ホストにお金を貢ぐために借金をしました。

私は当時、事務員として会社に努めていました。友達も恋人もいない、寂しい日々を送っていたのです。その寂しさを紛らわせるために、ホストクラブに通っていました。初めは月に1度か2度、使うお金もさほど高くなかったのです。ですが、ホストにお金を使えば使うほど、甘い言葉を囁いてくれたり、たくさんサービスをしてくれます。それがホストの仕事なので、当然と言えば当然なのですが。当時の私はそのようなことも考えられなくなるくらい、ホストに陶酔していたのです。そして、どんどんホストクラブに通う回数も増え、使うお金の額も大きくなっていきました。

アコム、プロミス、モビット、アイフルからそれぞれ250万円。月々17万円の返済。

ホストに通う回数や使用する額が増えてからは、給料だけではまかなえなくなっていきました。そして初めて、消費者金融を利用したのです。借りた当初は、きちんと返済計画を立てて返済するつもりでした。ですが、簡単にお金を借りるが出来ることを知った私は味をしめ、ホストに貢ぐお金をどんどん増やしていくようになったのです。お金があれば男性に優しくしてもらえる、甘い言葉を囁いてくれるとどんどん悪い方向に考えるようになっていきました。そして、1つの会社からお金が借りられなくなったら次の会社で借りればいいと、甘い考えを持っていました。

自分の愚かさに気づかされました。

とにかくホストに貢ぐために借金をしていたので、返済計画など初めからあってないようなものです。何年も経って、借金の催促状が家に届くようになり、そこで初めて目が覚めました。お金で気持ちを買おうとしていた自分が情けなくなったのです。寂しさを埋めるためにホストクラブに通っていたはずなのに、寂しさは一向に埋まることはありませんでした。気づいたときには、多額の借金の山が手元に残っているだけです。自分の稼ぎだけでは返済が不可能だと考え、自己破産をすることにしたのです。手続きを行う前は不安でたまりませんでしたが、弁護士さんが親切な人だったので安心して手続きをすることが出来ました。

自分自身と向き合うことが出来ました。

借金をしてまでホストに貢いでいましたが、やがて目が覚めた私はホストクラブへ通うことをやめました。寂しいと感じることは時折ありますが、身を滅ぼすような寂しさの埋め方はしなくなりました。自己破産をしなければ、今もホストクラブに通い続け、借金の額はどんどん膨れ上がっていたと思います。そして借金の返済に追われる毎日に疲れ、自ら死を選んでいたかもしれません。私は人生で最も大きな過ちを犯してしまいました。愚かな理由で借金をし、自己破産したという現実を心に留め、私はこれから前向きに生きていきたいと思っています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理すると家族に迷惑をかける?家族への影響と注意点について…

目次どの債務整理を選ぶかで家族への影響は異なる任意整理が家…

弁護士に債務整理の依頼をする前に…知っておきたい費用や探すポイン…

目次債務整理の手続きを弁護士に依頼するメリット5つ1.最適な…

株やFXで巨額の借金ができたが債務整理は可能なのか?

目次株やFX取引が原因による借金も債務整理が可能なのか?自己…

モビットの債務整理体験談

ギャンブルにハマってしまいました。

借入額500万円

やってみたら簡単でした

借入額150万円

給料体系の変更で多重債務者に

借入額180万円

給与を競馬で使い果たした為、補てんしようと思い借金しました。

借入額250万円

生活レベルを維持するために借金をして借金地獄に陥りました。

借入額280万円

パチンコにはまって借金地獄

借入額450万