債務整理は早いほど良いことは本当でした

2019.02.06 更新

無職

借入先業者名
借入額
150万円
借入期間
4年9ヶ月
毎月の返済額
5万円

会社の給与未払いから倒産までの間は生活資金が不足して借金。

大卒で入社した中小企業ですが、二世に代替わりしたことで年々仕事の受注量が減少して行く様子が分かりました。風向きを読むのが上手い社員は他社への転職を決めて退社して行きましたが、何も考えずに勤務していると給与が遅れ始めてついに倒産してしまいます。給与債権は先取特権があるものの、いつ支給されるか分からず転職先を探しながらも生活資金を消費者金融からの借入とクレジットカードのリボ払いで賄う日々が続き、気がつくと160万円の借金を背負っている状態になっていました。本来ならば退職金も払われておかしくないにも関わらず、3ヶ月分の未払い給与すら回収が難しくなったのです。

レイク、アイフル、シンキから各50万円の借金。月々5万円の返済。

失業保険給付を受けつつ転職先が見つかり、早期就業支援金を受取りながら順次返済を続けることで4年以上かかりましたが、何とかダブルワークをして返済を続けたのです。いざとなると週7日働くことも出来ることを実感しました。しかし、完済が終わっても結局は未払い給与は20%しか支払われず、お蔵入り状態となってしまったのです。借金の返済を続けながら思ったこととして、返済額を増やさなければ元金が中々減らないことに気付き、限界まで生活を切り詰めて借金返済を続けて血の滲むような思いをしながら完済したことを覚えています。完済した後で全てのカードにハサミを入れたことを今でも忘れません。

過払い金返還請求で75万円戻ってきました。

借金を完済してから数年経過した時に、テレビCMで過払い金返還請求が出来る可能性を知ったのです。当時から金利の高さにより、返済をしても元金が中々減らないと実感していたので、実際に過払金がどのくらいあるのか不明でした。債務整理に強い司法書士へ連絡して調査を依頼すると、借入期間は短いものの過払金が各社から25万円前後ずつ戻ってくることが分かったのです。すぐに依頼して交渉を行なうも時間がかかるという話でしたが、急いではいなかったので9ヶ月かけて全ての金額が戻ってきました。弁護士に依頼すればもっと早く戻ってきたことを知ったのは後のことです。

思わぬ臨時収入が出来ましたが、本来支払う必要がなかった分ですから使わずに貯蓄しました。

過払い金返還請求は、完済している状態であっても調査から請求まで可能と知ったのは、テレビCMの影響です。知っている人だけが得をする制度に疑問を感じましたが、金融業者に善意を感じることは無かったので、過払い金返還請求は権利者全員が行なうべきだと考えています。法的なことについては、日常生活では自分が対象者だと気づかないことが多いので、常にアンテナを張っておくことが大切だと分かりました。過払い金返還請求は、完済から10年以内に行わなければ権利が失効すると知った時に、早く債務整理に着手して良かったと感じました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理とは何か、その意味について見直そう!

目次債務整理について、もう一度整理してみよう債務整理ごとの…

債務整理の相談費用は?任意整理の必要書類や持ち物について

目次債務整理の相談費用は無料|弁護士・司法書士事務所紹介 任…

借金を任意整理したい!銀行口座は開設できなくなる?

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると銀行口座が利用でき…

レイクの債務整理体験談

軽い気持ちで借りたら借金地獄になりました

借入額150万円

借りて返した段階で既に債務整理予備軍です

借入額170万円

仕事が激減したことと、母親の病気で多重債務者に

借入額400万円

過払い金請求は借金で悩む人の強い味方

借入額70万円

250万の借金を背負った私が任務整理を選択するに至った話

借入額250万円

債務整理を行ったら安心できる生活がもどりました

借入額210万円