債務整理にするかおまとめローンに切り替えるか悩んだ結果

2019.02.06 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
210万円
借入期間
8年4ヶ月
毎月の返済額
6万円

派遣社員時代に無派遣期間が発生して生活費が不足してしまい借金をしました。

派遣社員時代には、契約期間が満了した後で通える範囲内に次の仕事が派遣元で用意できないことが珍しくありませんでした。まだ資格保有数が少なく、一般的な誰にでも出来る仕事しか行なえなかったので、業務の繁忙期だけ利用される人員として使われていたのです。派遣先の契約期間が中途半端な時期で終わると次の仕事が多くスタートする時期までは、時給で働いているので収入が途絶えます。クレジットカードのショッピング枠と消費者金融からの借入で次の派遣先が決まるまでは凌ぐことになってしまうのです。派遣会社を変えない限りはハローワーク経由で失業保険給付を受けられないので、何としても正社員となりたかったです。

エポスカード、オリコ、モビットから各70万円の借金。月々6万円の返済。

次の派遣先が決まるまでの間、借金が生活を支える術でした。アルバイトを行なう場合には、スポットバイトしか入れられません。なぜなら、次の派遣先を紹介された時にすぐに対応出来るよう空けておく必要がありました。。苦しい思いをしても、正社員の仕事へ転職する方法を考えていました。実際に就職先が決まると、おまとめローンに切り替えて着実に返済して行こうか悩んでしまったのです。司法書士に相談したこともありましたが、おまとめローンについて悪く言い過ぎな気がしたので債務整理を行わず、毎月なるべく多く返済額を確保して随時返済を繰り返して完済することにしました。

過払い金返還請求により、お金が95万円戻って来ました。

債務整理を行なうために最初に司法書士の広告を見て相談した時には、おまとめローンをあまりにも否定していたので、不審に思って見送り何とか完済をしてから、弁護士に過払い金返還請求の相談をしました。当時の債務額が210万円だったので、おまとめローンに切り替えた後では司法書士が取り扱えなくなっている可能性があったことが原因で、否定的な話をしていたことが判明しました。過払い金返還請求を行なう際には、完済済みの状態で行なえば、信用情報に傷が付かないことが分かっていたので、何とか頑張って完済してから過払い金返還請求を行ないました。

債務整理は早く行った方が良いものの、慌ててはいけないケースもあることを知りました。

債務整理の中でも、任意整理と過払い金返還請求では、実行する時期によって信用情報に傷が付くことを弁護士から教えてもらいました。過払い金返還請求を行った際に、完済出来ない状態となっていると、個人信用情報機関には異動情報として事故扱いになります。完済してから過払い金返還請求を行ったことが正解だったと弁護士から教えてもらった時には、信念を持って債務整理して良かったと思いました。目先の返済にばかり気を取られると、債務整理の方法を見誤ってしまう可能性があったので、何とか踏ん張って完済してから過払い金返還請求を行ったことは正解でした。車をローンで購入する時のことを考えれば、過払い金返還請求を急がなくて良かったと感じました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理後に借金が払えないとどうなる?滞納した時の対処法

目次借金を滞納(延滞)すると和解内容は無効になる和解内容が…

保証人がある借金を任意整理した時、保証人に与える影響は?

目次保証人付きの借金。任意整理をしたら、返済義務が保証人へ…

債務整理をしたけどキャッシングを利用したいという人へ

目次債務整理をすると、キャッシングの利用はNG!「ブラックOK…

モビットの債務整理体験談

飲み屋の女に入れ込んでしまった結果通うために借金をしました。

借入額総額250万円

彼氏が私名義で借金した後に逃げた為、私の借金になってしまった。

借入額200万円

簡単手続きで大きな効果がある過払い金請求

借入額120万円

まさか自分が?最終的に自己破産を選んだ私の体験談

借入額400万円

減額はあきらめていました。

借入額200万円

先を見通した援助で救われた!

借入額450万円