給与所得者等再生を申請する事情があります

2019.03.13 更新

会社員

借入先業者名
借入額
320万円
借入期間
5年5ヶ月
毎月の返済額
10万円

ギャンブルにのめり込んでしまい借金。

職場の同僚に誘われてパチンコ店へ通い始めました。スロット機で遊んでいるとビギナーズラックのためか最初の1ヶ月で25万円勝ってしまったのです。元々ギャンブルに関心が無かったはずでしたが、いつの間にか勝ちを忘れられず支給された給料を休日に全部注ぎ込む生活が続き、生活費が不足して借金を重ねることになったのです。結果として借りては返しを繰り返して、年収を超える借金が出来てしまいました。何とか自転車操業が出来てしまっていたことから、多重債務者の仲間入りしていることに気付くのが遅れてしまいました。

アイフル、アコム、オリコ、ライフカードから各80万円の借金。月々10万円の返済。

給与が28万円あるうちの10万円を毎月の支払いに費やす状態では、住宅ローン8万円を支払うと残り10万円で生活する必要がありました。相当切り詰めても難しいことが明らかなように、まだクレジットカードが使えている間は自転車操業可能でしたが、滞納に伴いクレジットカードが止まると生活費が明らかに不足してしまいました。すぐにでも債務整理をしなければ、家を失うことが目の前に見えた瞬間です。信販会社からは債務名義取得のために裁判が起こされていたので、猶予が全く残されていなかった状態でした。

給与所得者等再生を行なうことで借金が圧縮出来ました。

債務整理の相談先として、弁護士を法テラス経由で紹介してもらいました。債務調査を行った結果として、信販会社からの訴訟は取り下げられましたが、小規模個人再生を行なう際には消極的同意を得られない可能性がありました。小規模個人再生の方が支払額が100万円で済むので返済が楽になりますが、債権者の過半数から反対されてしまうと否決されてしまいます。信販会社とのやり取りで滞納を含めて悪い印象を与えてしまっていたので、返済額が140万円と増えてしまうものの債権者の同意が不要となる給与所得者等再生を申請して裁判所に認められました。毎月4万円の支払いを3年間行なうことにより、小規模個人再生よりも1万円毎月の返済が増えてしまいますが、確実性を期すために敢えて給与所得者等再生を選択しました。

借金に追われたり住宅を失わずにもう一度普通の生活を取り戻せました。

債務整理を行い、再生計画案に基づき4万円ずつ返済して行くことで慣れてしまうと、そのまま4万円を控除して生活が出来るようになりました。結果として、給与所得者等再生による3年間の返済が完了した後も、毎月貯蓄として4万円積み立てて行くことが自然な流れとなったのです。今まで貯蓄が出来なかったことが不思議なくらい、自然に積み立てが出来ているので、家計見直しと共に生活習慣の改善を行なえば無駄遣いを減らして行けることが判明しました。ある程度貯蓄が増えたら住宅ローンの繰り上げ返済を実施しようと考えています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理後の賃貸契約で注意すべき点

目次任意整理してブラックリストに載っても賃貸契約を結ぶこと…

債務整理とは何か、その意味について見直そう!

目次債務整理について、もう一度整理してみよう債務整理ごとの…

バンクイックの借金を任意整理する前に!見落としがちなポイント

目次バンクイックの借金を任意整理するときの注意点1.三菱UFJ…

ライフカードの債務整理体験談

浪費が原因で多重債務になりました。

借入額190万円

任意整理の分割回数は交渉に決まることに驚きました

借入額240万円

離婚時に慰謝料は名目として使われます

借入額140万円

不安だったので専門家に依頼しました。

借入額90万円

当たり前の生活を取り戻せる、借金整理

借入額5000万円

金利を確認した時に20%を超えていたら任意整理をしましょう

借入額240万円