リボ払いは金銭感覚を狂わせる原因です

2019.03.22 更新

借入先業者名
借入額
320万円
借入期間
7年10ヶ月
毎月の返済額
10万円

提携クレジットカードを使いすぎて返済のために借金。

クレジットカードの使い方として、一括払い以外に分割払いとリボ払いがあります。いつもは一回払いを宣言すれば、自動的にリボ払いとなる設定をしていたので安心して使っていました。銀行カードと一体型のクレジットカードを使用していましたが、銀行と信販会社との提携関係が切れてクレジットカードが分離された時に、再度設定し直しとなることが常識でした。しかし、いつも通りに使っていると使いすぎて翌月の支払に困ってしまったのです。会社の給料を前借りする訳にも行かず、消費者金融から初めて借入することになったのです。緊張して消費者金融に申し込んだもののアッサリと借りられてしまったことで、消費者金融に対するイメージが変わり借金に抵抗がなくなってしまいました。

ニコス、オリコ、レイク、シンキから各80万円の借金。月々10万円の返済。

オリコからの督促電話が連日1日3回入り、会社に延滞の事実がバレてしまいました。ニコスの電話対応は特に不審を持たれることが無かったので、オリコの督促担当者が何か話した可能性が否定出来ませんでした。会社内で部署移動が命じられましたが、後で追い出し部屋と判明しました。人生終わったと感じたものの、借金の督促が無くなるわけでもなく、派遣会社経由で工場勤務を行なう道を選びました。給与額は35万円から25万円に減りますが、毎日の電話対応に追われることも無く債務整理を覚悟していたので、この頃には恐いものが無くなっていたのです。

自己破産により免責決定を受けて返済義務が無くなりました。

債務整理の方法を相談するために、弁護士事務所を訪れると状況確認を行った上で、退職前に債務整理を始めれば個人再生手続きが可能だったことを告げられました。しかし、オリコの督促電話により追い出し部屋へ行くことになり、会社復帰が出来なくなったことから自己破産を申請して免責決定を受けることが最善と判断されました。陳述書の作成と共に、家計簿を付けるよう言われて毎月の家計の収支を記録するようになると、無駄な支出が見えてきて余計な物を購入しなくなりました。免責決定を受けることで、借金から開放されて良かったです。

自己破産手続き準備中に生活改善が出来たので、新しい生活をスムーズに始められました。

自己破産の申請を行なうまでに、生活費の見直しが必要だと知りました。今まで付けていなかった家計簿を基にして、会社に経費を申告する時のように項目別に見直すことで、毎月必要な項目別の生活費を算出出来たことが大きかったです。生活費と貯蓄に回せるお金を分離出来たことで、積み立て貯蓄が出来るようになり、自己破産の免責決定後に新しい生活をスムーズに始めることが出来るようになりました。借金返済に奔走していた時期よりも、気分的にも金銭的にも余裕が出てきたので、リボ払いにより金銭感覚が麻痺して依頼感じていなかったコスト意識が芽生えていることを実感出来て良かったです。もう二度と借金はしないと誓えるようになりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

アメックスの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

目次アメックスの特徴アメックスの借金を債務整理するときの注…

任意整理を依頼すると取り立てがすぐ止まるってほんと?

目次任意整理でつらい取り立て、督促はすべて止まる任意整理を…

任意整理をするなら必ず押さえておくべき手続きの流れ

目次任意整理を依頼した場合の具体的な流れを把握する面談から…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

借金問題には、一度専門家の先生に相談するのが良いです。

借入額324万円

失業後に仕事が無い状況は精神的にも辛かった

借入額320万円

任意整理によって確実に借金を返済できました

借入額300万円

通販ショッピングにはまったのが原因の借金

借入額200万円

彼氏にお金を貸したのがきっかけで多重債務者に

借入額145万円

クレジットカードで金銭感覚が麻痺!気づけば数十万の借金が!

借入額60万円