ギャンブルに嵌ったことで借金を背負うことになりました

2019.02.06 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
240万円
借入期間
4年3ヶ月
毎月の返済額
7万円

派遣先の同僚に誘われてスロットを打ち始めて嵌ってしまい借金。

派遣先として今まではコールセンターが多かったのですが、今度は工場勤務となりました。仕事が終わるとスロット打ちに付き合うように誘われて行ってみると、面白さを感じて休日ごとに並んで打つようになってしまいました。金欠で遊べない時にはストレスが溜まりイライラするようになったので、ギャンブル依存症かとも疑いましたが、生活費に手を出すようになってしまい生活費の大半をクレジットカードのリボ払いで賄うようになったのです。スロットを止めたくてもやめられない状態に陥り、抜け出せなくなっていました。

エポスカード、オリコ、ニコスから各80万円の借金。月々7万円の返済。

給料日になると生活費を使ってしまう危険性があったので、なるべくATMに近付かないようにしていたものの、一部のスロット店にはATMが設置されてしまい、つい使い込むようになりました。債務整理を依頼しなければ生活が破綻すると分かっていないがらスロットを止められず、病気を疑って病院へ行きました。すると、ゲームセンターでも問題ないか試すように医師から言われて不思議に思いつつ、スロットを打つと同じように楽しさを感じました。結果的にギャンブル依存症からの脱却方法として、スロット愛好家へ方向性を変えてしまえば過剰反応を抑えられると判明したのです。結論として、スロットを作る工場などへ勤務すれば改善するという診断でした。

個人再生により借金を減額して返済を行い完了しました。

240万円の借金がある状態では、生活が成り立たないので弁護士へ債務整理相談に行くと、ギャンブルが原因では自己破産が出来ないので個人再生手続きが妥当という話になりました。医師の診断内容を話すと、自宅にスロット機があればお金を使うことが無くなるという提案があり、個人再生手続きを行いながら、激安中古機ならば購入しても返済に支障がなくなれば良いことになるので、外でお金を使わない方法として中古スロット機を購入して遊んでいます。再生計画案を忠実に実施することで、3万円を3年間支払い返済完了となりました。

小規模個人再生による返済期間を通して、同時にギャンブル依存症の治療が出来ました。

借金問題を解決する方法として、個人再生を選択しましたが、同時に趣味を見つけることになるとは思いませんでした。ギャンブル依存症から脱却するために、スロット愛好家へと転身すれば良いという医師からのアドバイスには驚きましたが、結果として電気代程度しか掛からない安上がりな趣味で楽しめるので、同時に節約が出来て良かったです。個人再生手続きの再生計画案に基づいて生活改善をする期間は、同時にギャンブル依存症からの脱却を図るための期間とも重なったので、方向性がブレずに目標を達成することが出来ました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

プロミスの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

目次将来利息をカット!大手消費者金融、プロミスの借金を任意…

債務整理を依頼するなら司法書士・弁護士どっち?費用や手続きの違い

目次債務整理にかかる費用は弁護士よりも司法書士の方が安い司…

債務整理の手続きで大きな効果を発揮する受任通知!そのメリットと…

目次受任通知とは?受任通知のメリット「受任通知」と「委任状…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

お金の使い方を考え直すきっかけになり、完済にむけて頑張っています

借入額180万円

クレジットカードで金銭感覚が麻痺!気づけば数十万の借金が!

借入額60万円

少し罪悪感が和らぎました。

借入額220万円

クレジットカードの限度額を考えず借金まみれに!

借入額40万円

親の介護で思わぬ借金生活

借入額100万円

リボ払いは金銭感覚を狂わせる原因です

借入額320万円