債務整理を行ったら安心できる生活がもどりました

2019.03.25 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
210万円
借入期間
3年9ヶ月
毎月の返済額
8万2千円

父親の介護をするために、長年勤めた会社を辞め、借金生活に

父親を介護するために会社を退職し、貯金と退職金、アルバイトで生計を立てていました。しかし、アルバイトをする時間は少なく、収入は月10万円と父親の年金しかありませんでした。貯金の底が見えてきたため、何とかしようとキャッシングをするようになりました。アパート暮らしなので家賃と光熱費、生活費を賄うには収入だけでは足りませんでした。借入を行ったことにより、食事だけは取れるようにと、無駄は省き、最低限の生活をしていました。残ったお金は返済に充てていましたが、足りず、複数の金融業者から借入するようになってしまいました。

複数の業者から借入をし、自転車操業の状態に陥っていました。

まず、プロミスから借りましたが、数か月で上限に達してしまいました。返済は滞った事は無かったのですが、借りる額が大きく、返済が間に合っていない状態でした。なのでもう一社借り、上限に達したらもう一社と複数業者から借入れるようになり、気づいたら多重債務者になっていました。返済するも利息分だけ毎月返済しているようで、一向に減る傾向はありませんでした。そんな状況なので、他の金融業者からは断られるようになってしまい、もうどうすることも出来なくなっていました。私は自己破産をする決意で司法書士の方に相談をすることにしました。

借金はゼロになり、新しく新生活を送ることが出来るようになりました。

司法書士の方からは、自己破産の手続きをしましょうと言われました。私の認識通りだったので、びっくりはしませんでした。自己破産は、財産を失う代わりに借金をゼロにしてくれるので、それしかないとわかっていました。司法書士の方も裁判官からもこの収入状況と生活状況では返済するのは無理だとわかってくれたので、免責など処理はスムーズに進んで行きました。裁判官や司法書士の方からアドバイスを頂き、父親の介護は施設に入れることにしました。安価な老人ホームがあったので、親父には申し訳ないが、生活を送るために我慢して入ってもらいました。

生活に余裕が出来、仕事に専念することが出来るようになりました

正社員で仕事を見つけ、今は安定した収入を得ることが出来ています。一時はどうなることかと思いましたが、借金のない生活はこんなに素晴らしいことなんだと身に沁みました。親父も施設に入り、最初は嫌がっていましたがそこの仲間や職員たちと仲良くやっているようで幸せそうでした。自己破産をして親父にはばれてしまいましたが、結果的には自己破産をしてよかったと思っています。司法書士の方からもアドバイスを頂き、参考にした生活を送っていますし、もう二度と借金はしないと誓いました。司法書士の方からも二度と相談に来ることのないように身の丈に合った生活を送るようにと釘をさされました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理にかかる費用は?弁護士費用を安く抑える3つの方法

目次任意整理にかかる弁護士費用の相場と内訳「手元に依頼費用…

債務整理の費用は分割払いできる?

目次債務整理をする場合、裁判所や専門家への費用がかかる!裁…

債務整理すると家族に迷惑をかける?家族への影響と注意点について…

目次どの債務整理を選ぶかで家族への影響は異なる任意整理が家…

楽天カードの債務整理体験談

ようやく肩の荷が下りました

借入額160万円

奨学金返済が厳しくなって借金をしました

借入額70万円

車を手放せず生活費補てんのために借金をしました

借入額140万円

携帯電話の支払いに借金をしてしまい、借金を繰り返すようになりました

借入額200万円

ショッピングリボに嵌って借金に苦しみました

借入額130万円

月々10万円の返済が半分以下に

借入額240万円