元会社の後輩の保証人になって借金を債務整理

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
3000万円
借入期間
1か月
毎月の返済額
1か月 (一括返済)

起業をしたいという元後輩の借金の保証人になって借金を

私は、以前の後輩に起業をしたいと相談されました。入社してすぐに私が仕事を教え、吸収が早くめきめきと頭角を現して、業績トップにのし上がったため、彼なら大丈夫だという確信と、名前を借りるだけという彼の連帯保証人になることへのハードルを下げる言葉が私に彼の保証人になるための判を押させました。彼の保証人になってしばらくしてから、彼が起業して作った会社が不渡りを出して、起業に失敗して自己破産をしたためということで、連帯保証人である私に3000万円の借金が降りかかってきました。

三井住友銀行3000万円一括返済

気付いた時にはリボ払いの返済さえも難しくなってしまい、手元のクレジットカードを使ってキャッシングをして返済分のお金を作りました。しかしそれによって多重債務になり、利息の高さに驚きつつもなんとか返済しなければいけないと必死になりました。しかしストレス解消のショッピングができない、しかも普段の生活も節約しなければいけなく、これまでのように気楽に飲みに行くこともできなくなって惨めな気持ちになりました。自分の責任ですが、毎日がかなり辛く、生活も切り詰めなければいけなく大変でした。

個人再生で住宅も残って一気に借金が少なくなり返済しやすくなりました。

住宅を維持しながら債務整理をしたいということで、弁護士に相談したところ、個人再生なら住宅ローンは整理されずに家を存続できるということだったので、個人再生をお願いすることにしました。個人再生をしたところ、返済金額もかなり減額されて、5年で300万円を返済することになりました。給料で月々何とか返済することができるようになり、家も残ったので、実家に戻ってしまった妻もなんとか引き戻すことができました。借金が減ったおかげで気持ちもかなり楽になりました。このままだったら本当に大変だったのでとても良かったです。

家を手放さなければいけないと覚悟したけど、手放さなくて良くなって本当によかったです。

大きい借金を抱えて、自己破産をすると家を処分しなければいけないし、妻には実家に帰られるしでかなり大変だったのですが、債務整理の中でお個人再生なら家を残すことができるということを知ったので手続きをしたところ、本当に家を残したまま借金をかなり減らすことができて、返済もかなり楽になったのでとても良かったです。家を残すことができたということで、妻にも戻ってきてもらえて、借金が大きく減ったおかげで、いつも借金のことばかり考えて仕事も手につかなかったのに返済することが出来るようになって良かったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理って怖そうだけど実際は?メリット・デメリットを解説

目次債務整理とは何か4つの債務整理債務整理のメリット債務整…

任意整理と自己破産どちらを選ぶべき?メリット・デメリットを徹底…

目次任意整理・自己破産の違い自己破産は任意整理に比べてデメ…

弁護士に債務整理の依頼をする前に…知っておきたい費用や探すポイン…

目次債務整理の手続きを弁護士に依頼するメリット5つ1.最適な…

三井住友銀行の債務整理体験談

つらかった返済が終わりました。

借入額110万円

当たり前の生活を取り戻せる、借金整理

借入額5000万円

財産分与を行なう際には気を付けたい

借入額360万円

住宅ローンすらも払えない状況では自己破産が最後の道でした

借入額380万円

一人で悩まず相談して良かった。

借入額200万円

小規模個人再生手続きは債務額が大きいほど効果があります

借入額670万円