特定調停で債務がスリムになりました

2019.03.13 更新

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
5年2ヶ月
毎月の返済額
8万円

同僚の結婚式に出るために借入。瞬く間に増えました。

仕事やプライベートで、常に相談にのってもらっている会社の同僚から結婚式に招待され、出ることにしました。給料も少なく、おまけに給料日前だったため、サラ金業者に申し込みました。初めての借入になりましたが、簡単にお金を借りられることに気づいてしまい、次々と借金をするようになってしまいました。結婚式は無事に乗り越えることはできたものの、その後の返済に困ることになってしまいました。サラ金業者とクレジット会社からの借入金が150万円に達するころには、アップアップの状態になっていきました。

アイフルとレイク、ニコスやアプラスから50万円ずつ200万円の借入。月々8万円の返済。

借入金が増えることにより、給料だけではまかないきれなくなり、借りて返すという悪循環に陥ってしまいました。最終的には、サラ金業者やクレジット会社の審査も通らなくなってしまい、新たな借入を断念せざるを得ない状況に追い込まれてしまったのです。サラ金業者やクレジット会社の方の返済担当者の方は、親切な方ばかりで、大声を出して怒鳴りつけたりということは一切ありませんでしたので、助かりました。しかしながら、少しでも約束を忘れたりすると、電話やメールでの督促があるので、ビクビクしていました。

毎月の返済額が減り、悩みが解消しました。

借金返済に追われる日々が続き、自分自身のみでの解決をあきらめ、いろいろな方法を模索することになりました。インターネットなどの情報を参考にしながら、見つけることにしました。その結果として、特定調停によって、借金問題をクリアにしたいと思い、申し込むことにしました。裁判に行くのは、とても緊張しましたが、調停委員の方のフレンドリーな対応もあり、難なく特定調停を申し立てることにより、完済についての道筋をつけることができました。契約自体が古くないため、過払い金が発生することはありませんでした。

精神的な呪縛から解き放たれ、笑顔が増えました。

調停委員や裁判官の方と、借金問題解決に向けてのことで、ふれあうことによって、気分がとても楽になりました。とりわけ、調停委員の方には、私自身の毎月の収支に関して、適切な助言をしてくれたことに感謝しています。自分では気付くことができない面を指摘されることで、より一層の反省をすることができました。各債権者の方にも、特定調停による和解に応じてくれたことについて申し訳ないと思っています。将来利息がカットされることになりましたので、残高が確定し、返済することがなんとなく楽しいとも思えるようになったのです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理で信用情報機関に登録された人のための「トリセツ」

目次任意整理の手続きをしたらブラックリストに載る信用情報の…

債務整理とは何か、その意味について見直そう!

目次債務整理について、もう一度整理してみよう債務整理ごとの…

債務整理の取引履歴の開示請求とは

目次取引履歴の開示請求って?取引履歴の開示請求が必要な理由…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

クレジットカードの使い過ぎで債務整理

借入額90万円

貸金業法改正により自己破産を選びました

借入額320万円

債務整理で10年程続いた借金生活に終止符を打てました

借入額150万円

リボ払いは金銭感覚を狂わせる原因です

借入額320万円

モビットからの内緒の借金を返せました

借入額60万円

完済に向けた手助けと、お金の使い方を見直すアドバイスが心強かったです

借入額180万円