任意整理で借金は返済できる

2019.03.13 更新

借入先業者名
借入額
150万円
借入期間
8年2か月
毎月の返済額
5万円

骨董品収集のために、借金を繰り返すようになりました

当時の私の給料は約40万円でした。住まいは賃貸マンションで妻と小学校に通う娘との3人暮らし。小遣いはひと月3万円でした。お酒も煙草もやらないため、3万円の小遣いでも足りていたのですが、何気なく始めた趣味の骨董品収集にすっかりはまってしまい、借金をするようになりました。最初は骨董品屋や蚤の市で見つけた安い品物を買って楽しんでいたのですが、収集仲間が増えるにつれ、自分もみんなのように高価な品物やお宝が欲しいと思うようになり、その購入資金を捻出するため次々と借金を繰り返すようになってしまいました。

エポスカードでから30万円、アコムから70万円、アイフルから60万円。月々、5万円の返済

欲しい品物を見つけると、借金をしてでも買うようになり、毎月、小遣いの金額を超える返済額を支払うようになりました。しかし、そのお金がなかった私はまた新たな借金をするという悪循環に陥りました。それでも骨董品収集を辞めることは出来ず、借金と返済の繰り返しを10年も続けるようになりました。最初の頃は妻も私が借金をしてまで骨董品収集をしているとは思わなかったようですが、最終的には気づかれてしまいました。私はひどく怒られ、それ以降、夫婦仲もギクシャクするようになり、家の中の雰囲気も悪くなってしまいました。

任意整理をしたら借金が半分以下になり、全額返済出来ました。

妻のすすめで司法書士の先生に依頼したところ、借金の残高が150万円から、70万円まで減りました。借金をしていた8年間で利息をかなり払い過ぎていたようで、それが戻ってくることになったからです。そして、その分を返済に充てたところ、この金額になりました。月々の返済額も分割返済という形で、私の小遣いの範囲内で支払える金額になるよう司法書士の先生が借入先に交渉をして下さいました。その甲斐があって、私は順調に返済をすることができ、やがて借金をすべて返済。8年間に渡る長い借金生活から解放されたのでした。

家庭関係が上手くいくようになりました。

いくら返済しても減らない借金に私は正直、疲れ果て、諦めていました。しかし、任意整理をしてもらい、自分が利息を多く払い過ぎていたことや借金が減るということを知ると、不思議と借金返済に対して前向きになりました。無知な素人が一人でずっと思い悩み続けていたことが、専門家の方にかかるとすぐに解決策が見つかるのだと思い、驚くと共に本当に救われた思いでした。やはり借金問題を解決するには専門家にお願いするのが、一番の早道なのですね。もっと早くに頼んでおけば良かったと本当に痛感しました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理を依頼するなら司法書士・弁護士どっち?費用や手続きの違い

目次債務整理にかかる費用は弁護士よりも司法書士の方が安い司…

リボ払いを債務整理するメリットとクレジットカード返済のコツ

目次リボ払いを債務整理するときのメリット任意整理するとクレ…

債務整理するべき基準と知らなきゃ損する年収との関係

目次債務整理はどのタイミングでするのがベストか債務整理する…

エポスカードの債務整理体験談

夫に内緒の趣味で借金

借入額80万円

子供に習い事をさせる為、借金。

借入額200万円

結婚前の失敗で良妻に?

借入額250万円

過払い金請求でお金が戻ってきました

借入額180万円

クレジットカードのリボ払いは金銭感覚が麻痺します

借入額250万円

ギャンブルにはまりすぎ、借金までしてやりつくしていつの間にか多重債務者に

借入額150万円